働き方

【在宅副業で5万円稼ぐ】安全な仕事の選び方とおすすめの副業

在宅でも副業が気軽にできる時代になりました。

この記事では、在宅副業で5万円稼ぐことに焦点をあてて、仕事の選び方やおすすめの副業を解説します。

自分自身のスキル向上や収入アップに役立ててください。

在宅でできる副業

在宅でできる副業

副業というと、少し前なら本業以外の勤め先で働くことがほとんどでした。

しかし、インターネットの普及、スマートフォン(スマホ)やパソコンの機能向上などにより、家にいながら稼ぐことが可能になっています。

家でできる仕事には以下があります。

・アンケートモニター
・スマホアプリのレビュー
・Webライター
・商品モニター
・データ入力
・翻訳
・ブログ
・YouTube
・イラスト制作
・せどり
・ネットオークション
・クラウドソーシング など

以上は在宅でできる仕事の一例で、すべてをあげたらきりがないほどです。個人で稼ぐ方法は無数にあるといえるでしょう。

私の意見ですが、会社員でも在宅でできる仕事に挑戦してみたほうがいいと思います。企業の就業規則にもよりますが、スキル向上や収入アップのために有益だと考えています。

「新しいことに挑戦したい」
「収入を増やしたい」

などと考えているならば、ぜひ、副業に取り組んでほしいです。

余談的になりますが、総務省の「就業構造基本調査」では、年収が1000万円以上ある人でも、副業をしている割合が比較的高いです。もちろん、年収の低い人が副業している割合も高いです。

もはや、副業はあたりまえといったところです。

参考:副業・兼業の現状①

安全な副業の選び方

在宅の副業と聞くと、少々怪しいと思う人もいるでしょう。

「詐欺まがいの仕事が多そう」
「インターネットを使って稼ぐのは怪しい」

など、マイナスイメージを抱くこともあります。なかには、怪しい仕事もあります。しかし、安全な在宅ワークも豊富ですよ。私の経験ですが、安全な在宅ワークをみつけるには以下に着目します。

・仕事の募集をしている企業がどのような会社か、明確にわかる
・仕事のマニュアルや報酬支払、連絡手段がしっかりいている
・仕事前に入金の必要がある仕事は選ばない
・募集内容がおいしすぎる(「隙間時間で●万円稼げる」「月●十万円可能」など)

以上の項目は、一般的な仕事探しでも同じだと思います。副業についても同じ基準で、仕事をえらんでください。インターネットで「在宅 副業」などと検索すれば、数多くの案件がヒットするでしょう。それらの案件で興味のあるものは、4つの基準にあてはめます。

改めて、ひとつずつ確認してみます。まず、企業情報が明確な仕事を選ぶのは重要です。会社の代表者、連絡先、所在地など、どこにある会社で何をしている企業なのか明確にわかる案件を重要視してください。契約の際に、契約書を交わすくらいの企業であれば信頼度は非常に高いです。

それから、マニュアルや報酬体系、支払方法などもしっかりしている仕事を選びましょう。「仕事がしやすい」というのは、副業でも大事です。

わからないことをしっかり聞ける体制であるかどうかもポイントになります。私はWebライターを副業にしてた時期があります。しっかりとした案件、企業であれば、チャットワークなどで常に連絡が取れるように進めてくれます。これは私の経験ですが、やはり、連絡が密に取れるほうが仕事はしやすいです。

また、報酬支払は仕事の完了後なのか、前払いなのかも確認してください。クラウドソーシングを使えば手数料が報酬から引かれるものの、報酬のやり取りは確実になります。報酬支払いを確かなものにしたければ、クラウドソーシングの利用がいいでしょう。

仕事選びで怪しいと簡単にわかるのは、「お仕事前に入金が必要です」「仕事前にこの教材を購入してもらうことになります」などの案件です。

冷静に考えてみましょう。

仕事をする前に入金が必要な職種はあるでしょうか。仕事は成果に対してお金を支払ってもらうのが普通です。仕事を受ける側は、労働力やスキルを提供するはずなのに、お金を負担するのはおかしいです。

仮に仕事をするうえで必要な教材や物品ならば、報酬から控除してもらうようにしましょう。その場合でも、なぜ、自己負担が必要なのか確認してください。

また、高額な報酬をうたい文句にしている仕事も避けたほうがいいです。そのような案件は大体にして「簡単に高収入」などをキャッチにしています。こちらも、冷静に考えるとわかりますね。

楽して簡単に稼げるならば、誰も苦労しません。甘い言葉に惑わされず、副業を行いましょう。

おすすめの副業

先ほど解説した副業の選び方をふまえて、私がおすすめする副業を紹介します。はじめに、以下をご覧ください。

・クラウドワークス、ランサーズでWebライターの仕事を探す
・気になる案件に応募
・採用された案件で報酬を得ながら経験値を積む

この流れは、私が副業でWebライターをしていた時期のものです。クライドワークスやランサーズというのは、クラウドソーシングの一種です。

クラウドソーシングは、仕事を募集したい企業や個人と仕事を受けたい人を結びつけるサービスです。両社が合意に至れば、仕事がスタートします。

クラウドソーシングのメリットは、サービス提供会社が運営することで安心した仕事探しになる点です。仕事を受ける側が特に気になる、報酬管理もしっかりしています。

両社が契約に合意すると、仕事を募集している側が報酬の仮払いを行います。仮払いを待ってから、仕事がスタート。制作物ができたら納品処理をして、相手側が支払処理をすると報酬が入ります。

これらの処理はクルドソーシングの管理画面(運営サイト)で行います。仮払いが済んでいれば、納品後に報酬がもらえないリスクはなくなります。

このようなメリットから、私がおすすめするのはクラウドソーシングを使ったお仕事です。

Webライター以外にも、様々な仕事が募集されています。自分の好みや挑戦したい分野の案件に応募してみましょう。ちなみに、Webライターは、インターネット上のサイトやブログに掲載されている記事を書く仕事です。

特に文章を書くのが好きな人であれば、挑戦してみてください。

ほかにも、クラウドソーシングサイトには、動画制作、データ入力、写真加工、事務員など多岐にわたる仕事がありますよ。いろいろと検索してみましょう。

クラウドワークスの登録はこちらから



ランサーズの登録はこちらから

在宅副業で5万円稼ぐには

ここでは、在宅副業で5万円稼ぐ方法を私なりにお伝えしたいと思います。

高額案件の受注には実績や知識が必要

クラウドソーシングを利用する、しないにかかわらず高額な報酬が得られる案件には実績や知識が必要です。Webライターとして報酬を得るにしても、未経験者が高額案件に採用されるのは難しいです。

稼げるのは、それに見合うスキルや知識が備わっているからです。ライター経験がなくても、何かしらの資格があれば高額案件の受注も可能です。

なぜなら記事作成の案件では、士業や金融系、そのほかの資格取得者を対象にしているものがあるからです。そのような案件を除けば、未経験者がいきなり高収入を得るのは難しいでしょう。

では、未経験者が稼ぐにはどうすればいいのでしょうか。

最初は低単価でも請け負ってみる

未経験者が稼いでいくには、低単価でも請け負うことがポイントです。人によって「これだけの時間を費やしても、これしかもらえないのか…」と感じる人もいるでしょう。

しかし、先に説明したように信頼のおける企業の仕事をこなせば経験値になります。経験を積めば案件応募の際に実績を示すことができて、次第に高単価の仕事がもらえるようになります。

次の画像は、私がクラウドワークスで仕事をし始めたころの1か月の報酬です。(2016年1月分)

クラウドワークス 報酬1

クラウドワークスの手数料を除くと、6000円くらいの報酬です。次の画像は、2019年12月の1か月の報酬です。

クラウドワークス 報酬2

合計すると10万3000円ほどです。私はWebライターの仕事をずっと続けていますので、報酬額をアップできたと思います。もちろん、同じ案件を続けてきたわけではありません。

契約が切れれば次の案件を探し、報酬を得てきました。仕事に応募する際に、過去の作品を提示できるので安定した報酬につながっています。

また、クラウドワークスやランサーズでは、一定期間内の獲得報酬やクライアントからの評価などによる認定制度があります。

要は優秀な働き手であることが認められるのです。認定を受けると、その人にしか紹介されない案件もまわってきます。報酬や条件のいい仕事が多く、収入アップにつながります。

このように、実績を積んでいくことが大事になります。ライターとしてスキルがつけば、ブログで広告収入を得ることにもつながります。

今後はYouTube市場も拡大していくでしょう。YouTubeチャンネルを開設して、得意分野の情報発信をおこなうのも有効です。内容やスキルを認められれば、企業案件のオファーがあるかもしれません。

Webライターなら文字単価1円が境界線

Webライターは報酬額を度外視すれば、未経験者でも採用される案件が多いです。しかしながら、報酬があまりにも低ければ長続きしません。

多くの場合で、Webライターの仕事は1文字あたりの単価で報酬を決めています。例えば、「1記事3000文字、文字単価0.8円」なら報酬は2400円ですね。(クラウドソーシングであれば、さらに手数料で15~20%が差し引かれる)

このような感じで報酬が決まります。単価の感じ方は人それぞれですが、ある程度の実績を積んだならば「文字単価1円以上」をめどにしましょう。

それより低い案件は、割に合わなくなります。キャリアがあっても報酬アップが見込めない状態ですね。

・見出しのつけ方
・記事の書き方
・SEOに関する知識(この記事での解説は割愛します)

以上のことがわかってきたら、文字単価の低い案件は卒業してもいいです。私は最低でも文字単価1.5円以上のオファーしか受けないようにしています。(案件探しの際も)

理由はクラウドソーシングを通すと、手数料の発生があるためです。文字単価1.5円なら、20%の手数料で実質的な文字単価は1.2円になります。

よって、オファーの段階で文字単価は1.5円以上に絞っています。文字単価が税込みであれば、さらに報酬が下がります。そのあたりの兼ね合いも考えましょう。

私の場合は文字単価1.5円を目安にしていますが、未経験者が最初に目指すべきは文字単価1円のラインです。なぜなら、そのくらいの文字単価を目指さないと、時給換算しても割に合わなくなるからです。

文字単価1円、クラウドソーシング利用、3000文字の記事であれば、報酬は2400円が目安です。私の経験上、ある程度積めば、3000文字の記事は2時間か2時間半で仕上がります。

時給換算にすれば、960~1200円です。このくらいの報酬水準なら副業に適していると思います。首都圏の最低賃金レベルですので。よって、文字単価1円がボーダーラインになります。

5万円稼ぐことから逆算して案件を探す

在宅副業で月に5万円稼ぐことは、難しくありません。個人差はあると思いますが、未経験から始めても数カ月や数年でそのレベルに達するでしょう。

なぜ、「月5万円」に設定するかというと、それくらいの収入が増えれば生活が変わるからです。

月に1~2万円でも十分と感じる人もいるかもしれません。しかし、その金額では「携帯代がカバーできた」「光熱費が稼げた」などのレベルで済んでしまいます。

もちろん、それが悪いことではありません。

ただ、副業として稼ぐならば、もっと高いところを目指してみませんか。月に5万円の収入があれば、貯金が増えます。ブログやYouTubeを外注して、効率的な収入につなげることも可能です。

ときには、旅行や豪華な食事を楽しんでもいいでしょう。お金の悩みが減ると、余裕が出てきますので更なるステップアップにつながります。

はじめから月に10万円となると、ハードルも高くなるので「月額5万円」がちょうどいいと感じます。

そこで大事なのは、「どうやって5万円を稼ぐか」です。副業ならば、本業や学業以外に時間をつくることになります。時間の作り方は以下の記事でも書いていますので、参考にしてください。

関連記事:これから身につけるべきスキルとは?習得方法と時間術

時間の確保ができたら、どのような案件を探すか考えます。例として、クラウドソーシングでWebライターを副業にしたとします。

・副業ができる時間:月間60時間(平日2時間、土日で5時間の4週間分)
・文字単価1円(実質文字単価0.8円)
・3000文字の記事を書くのに約2時間

以上の条件であれば、3000文字の記事を月間30本書けますね。

30本 × 実質文字単価0.8円 × 3000文字 =7万2000円

月間報酬は5万円を軽く超えます。当然、副業スタート時からこの水準にはならないと思います。3000文字の記事を書くにも、2倍の時間がかかれば報酬は半分の3万6000円くらいです。

しかし、繰り返しですが経験を積めば、ライティング速度は速くなります。まずやってほしいのは、副業にどれくらいの時間が確保できるか振り返ることです。

その後、記事の作成速度を把握します。応募時にテストライティングを設定している案件もあるので、その場合は、その執筆にかかった時間を目安にしましょう。

1000文字のテストライティングに1時間なら、それを単純計算します。その後、案件を探します。

「3000文字の記事を月に5本」(月間15時間必要)
「5000文字の記事を月に3本」(月間15時間必要)
「2000文字の記事を月に10本」(月間20時間必要)

など、案件により内容は異なります。ひとつの案件だけではなく、複数案件に応募して月間5万円を目指しましょう。

在宅副業にチャレンジしてみよう

副業が当たり前の時代になってきています。お金に関する将来の悩みやスキルアップのために、副業は効果的です。ぜひ、自分にあった副業にチャレンジしてください。

■こちらの記事も読まれています
これから身につけるべきスキルとは?習得方法と時間術

公益財団法人は給料がいい?年収や採用情報・組織情報まで調べてみた!

公益財団法人への就職は難しい?知らないと損する求人選びのコツを紹介!

公益財団法人と公務員の違いは?就職したときのメリット・デメリットも比較

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. 教室 黒板 学習塾の仕事内容とは?収入や将来性など私が10年経験した全てを公…
  2. 公益財団法人 レスリング 公益財団法人は給料がいい?年収や採用情報・組織情報まで調べてみた…
  3. サラリーマン 給料 上げ方 サラリーマンの給料の上げ方とは?年収アップの3つのコツ
  4. 公益財団法人 公務員 違い 公益財団法人と公務員の違いは?就職したときのメリット・デメリット…
  5. これから身につけるべきスキル これから身につけるべきスキルとは?習得方法と時間術
  6. 公益財団法人 平均年収 公益財団法人の給料口コミから平均年収を比較!トヨタと比べたら&#…
  7. 給料のいい仕事ランキング 給料のいい仕事ランキング128|平均年収の高い職業は何?
  8. 公益財団法人への就職は難しい?知らないと損する求人選びのコツを紹…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 2月 19日

PAGE TOP