生活

Wi-Fi最安値はどれ?10社を徹底比較!家でも外でも使えるルーター選び

Wi-Fi 最安値

Wi-Fi(ワイファイ)ルーターを持ち歩くと、いつでもパソコンやスマホ、タブレット端末で通信ができますね。

そのWi-Fiはさまざまなサービスが出ています。なかでも、出来るだけ安く利用したいと考える人も多いのではないでしょうか。

この記事ではWi-Fi最安値はどれなのか、徹底比較しています。ぜひ、Wi-Fiの契約に役立ててください。

最安Wi-Fiの選び方・定義

最安 Wi-Fi 選び方

まずは、最安Wi-Fiの選び方を開設します。次の5つに注目して選んでみてください。

キャッシュバックよりも月額割引

スマートフォン(スマホ)の契約でも他社乗り換えの場合は、キャッシュバックがつくなど魅力的な特典をみかけます。Wi-Fiの契約時も同様で、キャッシュバックを行う業者もあります。

しかし、キャッシュバックの受け取り方などに注意が必要です。私自身もスマホの契約で経験していますが、キャッシュバを受け取るために面倒な手続きがあったり、実際に手元に来るのが数ヶ月後だったりすることが多いです。実際にツイッターではキャッシュバックをもらうまでの期間が長いことやもらい損ねた方のツイートが載っていました。

Wi-Fi契約時にキャッシュバックを打ち出していても、受け取りまで一年近くかかる…。そのようなこともあります。ですから、キャッシュバックが魅力的でも安易に契約するのはおすすめできません。

そこで注目して欲しいのが「月額割引」です。

月額割引であれば、間違いなく料金が安く利用できますね。料金から毎月値引きされるため、面倒な手続きなどは不要です。契約時に月額割引を適用しているかどうかをしっかりと確認てみてください。

キャッシュバックよりもお得感が少ないものの、毎月、料金が安くなるのはメリットです。

通信エリアが広い

通信エリアの確認も大切です。安く利用できることに目がいき、契約後に通信エリアがカバーされていない場所で使うとなれば意味がありませんね。Wi-Fiをどこで使うことが多いのかを再確認して契約しましょう。

基本的なことですがWi-Fiルーターは持ち運べるのがメリットですので、対応通信エリアが広い業者を選んでみてください。

販売代理店で契約する

販売代理店とは、ドコモなどの大手通信会社ではない業者です。Wi-Fiはお手持ちのスマホやパソコン、タブレット端末をインターネットに接続するものです。

その中間に入り、インターネットと端末を結びつけるのがプロバイダ、つまり販売代理店となります。販売代理店は割高なイメージをもつかもしれませんが、高額な広告費を使うことがほとんどなくWEB集客を行います。

そのため宣伝費をおさえることができて、利用料金も低く設定できるのです。一方でドコモやau、ソフトバンクなどはテレビCMなど高額な宣伝費用をかけています。なかなか値引きしないのもそのような理由からでしょう。

ですから、私はWi-Fiの契約は販売代理店で安く契約することをおすすめしています。

データ容量が無制限で使える

Wi-Fiルーターを契約し他ことのある方はご存知だと思います。月々のデータ容量が5〜7GBなど制限を設けています。この制限を超えると通信速度が非常に遅くなり、インターネットの利用が難しくなります。

5GBくらいでは動画視聴を10時間ほどしかできません。YouTubeの視聴などで毎日のように動画みているならば、数日使うとしょうかしてしまいますね。

ですから、データ通信量無制限のWi-Fiを契約することがいいわけです。なかには3日間で10GBまでという制限を設けている業者もいますが、無制限で使えるのは大きなメリットです。

操作が簡単

Wi-Fiルーターを契約した後はスマホやパソコンと接続するなど、一手間あります。その際にパスワードの表示画面はどこにあるのかなど、スムーズにみつけたいところです。

画面スクロールが多いとなかなか面倒に感じますね。ですから、出来るだけ操作が簡単で設定も難しくないWi-Fiを選ぶのも大事です。ルーターによってスマホ画面のようにアイコンがわかりやすく表示される機種もありますので、自分が使いやすいかどうかも考えてみてください。

格安Wi-Fiおすすめ10社

では、ここから格安Wi-Fiのおすすめ10社をご紹介します。

カシモWiMAX

カモシWi-Fiハ2017年10月からスタートしたプロバイダです。最新機種の「WX06」は5GHz対応となっており、安定的な通信が可能です。5GHz対応となるとほかの家電が出す電波と干渉しないため、安定した通信になるということです。

また、回線は後述する「UQ WiMAX」と同じ回線となります。UQ WiMAXは大手キャリアのauの回線を使っています。通信面では安心感があるでしょう。料金プランは以下をご覧ください。

■ギガ放題プラン(価格は税抜、機種はWX06)
初月:1380円(契約手数料3000円)
1カ月目:1380円
2~24カ月目:3580円
25カ月目以降:4079円

■ライトプラン(月間7GB、価格は税抜、機種はWX06)
初月:1380円(契約手数料3000円)
1カ月目:1380円
2~24カ月目:2980円
25カ月目以降:3379円

ご覧のように、通信料の制限のないギガ放題プランとライトプランでは月額料金に大きな差がありませんね。ただし、契約期間が3年間となりますので、ある程度長期的に使用することが前提になります。

契約期間内に解約すると、手数料が発生します。(価格は税抜)

0~12カ月目:19,000円
13~24カ月目:14,000円
25カ月目以降:9500円
更新月(37か月目):0円

契約期間が38カ月以降、更新月は36カ月ごとに発生します。ですので、契約から3年弱が経過したら更新月を再確認して、継続するか解約するか検討してみてください。ちなみに、端末発送時期を0カ月目としています。

カシモWiMAXはキャッシュバックのキャンペーンはありませんが、月額割引を適用していますね。

カシモWiMAXはこちらから

UQ WiMAX

「UQ WiMAX」は先にもお伝えしましたが、auの回線を使ったWiMAXサービスです。テレビCMもありますし、認知度の高いWi-Fiサービスではないでしょうか。

UQ WiMAXでも「WX06」の機種を取り扱っていますので、安定した通信環境を整えることが可能です。接続もQRコードの読み取りで完了しますので、操作性やわかりやすさもありますね。

プランは通信量の上限がないギガ放題プランがあり、料金は月額3880円です。なお、契約期間は2年となりますが、「期間条件なし」の場合は、月額料金が4050円となります。契約更新月は、契約満了月を当月として翌月、翌々月の3カ月間です。また、混雑回避のため3日間で10GB以上の利用があると速度制限がありますので、ご注意ください。

プランについては、UQモバイルのスマホをセットで契約すると月々5360円から利用できます。格安スマホに興味ある方ならば、セット割引での利用を検討してみるといいでしょう。

UQ WiMAXはこちらから

Broad WiMAX

こちらもWiMAXのサービスですが「Broad WiMAX」も取り上げておきます。「WX06」の機種も取り扱っており、パソコンやタブレット端末とのセット販売も実施しています。料金はデータ容量の制限がないギガ放題プランと、月間7GBまでのライトプランがあります。

・ギガ放題プラン
利用開始月:2726円(税抜)の日割計算
1〜2カ月目:2726円(税抜)
3〜24カ月目:3411円(税抜)
25カ月目以降:4011円(税抜)

・ライトプラン
利用開始月:2726円(税抜)の日割計算
1〜24カ月目:2726円(税抜)
25カ月目以降:3326円(税抜)

以上がそれぞれのプランの月額利用料金です。また、いずれのプランもLTEエリア(スマホがつながるエリア)での利用料金は無料となります。通常であれば月額1000円ほど加算されるのが、無料となるためより広いエリアで通信が可能です。

また、UQモバイルやauのスマホを契約していると月額料金の割引額がさらに増えます。

契約期間は3年契約となり、更新月以外は契約解除料が発生します。また、WEBからの申し込み以外は初期費用がかかることがあります。

Broad WiMAXはこちらから

GMOとくとくBB WiMAX

WiMAXサービスの最後にご紹介するのは「GMOとくとくBB WiMAX」です。最新機種や通信対応エリアは、先のWiMAXサービスと同様となります。プランもギガ放題プランと7GBプランになります。

・ギガ放題プラン
利用開始月:2590円(税抜)の日割計算
1〜2カ月目:2590円(税抜)
3〜24カ月目:3344円(税抜)
25カ月目以降:4263円(税抜)

・ライトプラン
利用開始月:2590円(税抜)の日割計算
1〜2カ月目:2590円(税抜)
3〜24カ月目:2690円(税抜)
25カ月目以降:3609円(税抜)

GMOとくとくBB WiMAXは端末機種代金が無料であったりキャッシュバックもあるのでお得感が高いですね。また、auスマートフォンやUQモバイルのユーザーならさらに月額料金が割り引かれるのも魅力です。

GMOとくとくBB WiMAXはこちら

NEXT mobile

「NEXT mobile」の魅力は、他社でみられる「3日間で10GBを超えると速度が遅くなる」という通信制限がないことです。また、持ち運びタイプの「FS030W」は連続通信時間約20時間とバッテリーのもちもいいですよ。

料金は20GBと30GBのプラン通いされています。

20GB…月額2400円(税抜)、2年定額
30GB…月額2700円(税抜)、2年定額
(事務手数料3000円・税抜)

完全な使い放題ではありませんが、毎月、多くの通信量とならない場合は適するでしょう。ただし、契約から25カ月目の更新月以外は解約手数料が発生しますので、ご注意ください。

なお、キャンペーンが開催されていると、端末購入費用が0円となります。ルーター端末がプレゼントされると考えてください。一般的にはスマホの購入と同様で、端末代金の分割金が月々の通信料に上乗せされたり一括で支払ったりします。端末代金を気にしなくていいのは魅力ではないでしょうか。

注意点として、支払方法で口座振替を選ぶと契約の2カ月目以降から振替手数料200円(税抜)が発生します。問題なければクレジットカードを支払方法に選んでください。

NEXT mobileはこちら

格安SIM通信Wi-Fi

「格安SIM通信Wi-Fi」の特徴は、利用料金です。初月が無料となり、その後はずっと定額です。業者により、割引期間が終了すると月額料金が上がってしまう場合があります。使っている間の料金が一定になることで、契約期間の支払額を安くできます。

7GBプラン…2380円(税抜)
40GBプラン…3980円(税抜)
(25カ月目以外の解約は解約手数料がかかる)

以上がプラン内容です。また、格安SIM通信Wi-Fiでも通信制限がないため1日の通信量を気にする必要がありません。ただし、料金プランの規定の通信量を超えると通信速度が遅くなります。

格安SIM通信Wi-Fiの場合、ルーター自体も非常にシンプルな作りですので、操作しやすいです。重さも100gに満たないため、持ち運びも負担になりません。

格安SIM通信Wi-Fiはこちら

どんなときもWi-Fi

「どんなときもWi-Fi」は2年間の定額料金が特徴です。月額3,480円(税抜)でインターネットが使い放題となっています。回線もソフトバンク、au、ドコモに対応していますので、幅広いエリアで使うことが可能です。

また、別途の料金が必要となりますが、海外利用もできます。端末は最大12時間の利用ができるものですので、出先での長時間作業にも対応できるでしょう。

なお、契約期間は2年間であり、25カ月目以降は月額3,980円になるので注意が必要です。更新月以外の契約解除にも費用がかかるので、念頭に入れておきましょう。

どんなときもWi-Fiはこちら

縛りなしWi-Fi

「縛りなしWi-Fi」は、契約期間の縛りなしの料金プランがあります。(最低利用期間は1カ月となっている)また、通信容量により、さらにプランがわかれています。

・縛りなしプラン(料金は税抜)
ライトプラン(20GB/月):3,000円
通常プラン(2G/日):3,300円
WiMAXプラン(10GB/3日):4,300円
※全プラン、契約時の事務手数料3,000円

・縛りありプラン(料金は税抜)
ライトプラン(20GB/月):2,600円
通常プラン(2G/日):2,800円
WiMAXプラン(10GB/3日):3,600円
※全プラン、契約時の事務手数料3,000円
※契約期間内の契約解除には解除料あり

以上のように通信容量と月額料金が設定されています。「ポケットWi-Fiを試してみよう」と考えるならば、縛りなしのプランを有効的に活用してみてください。

縛りなしWi-Fiはこちら

SPACE Wi-Fi

「SPACE Wi-Fi」は契約期間の縛りがないだけではなく、契約に関する手数料や端末料金ゼロで利用できます。必要なのは月々3,680円(税抜)だけです。縛りなしWi-Fiと同様で、契約期間の縛りを気にせず使いたい人には適するWi-Fiです。

また、通信速度については、WiMAX対応のものなら3日で10GB、ソフトバンク対応のものでは1日2GBの使用で制限が入ります。

SPACE Wi-Fiはこちら

Mugen Wi-Fi

「Mugen Wi-Fi」は3日で10GBなどの通信制限がありません。また、地下でも通信しやすい4G回線にも対応し、ソフトバンクやau、ドコモの回線が使えます。

端末代金も無料であり、ルーターが届けばそのときから利用可能です。月額料金は3,280円(税別)の格安プランと3,880円(税別)の翻訳機能付きプランがあります。また、契約期間は2年間となっていますが、25カ月目以降の契約解除料は発生しません。

さらに、30日間のお試し期間もあります。Wi-Fiの使い勝手を確かめたいならば、利用してみましょう。

Mugen Wi-Fiiはこちら

番外編:ソフトバンクエアー

「ソフトバンクエアー」は持ち運びではなく、置型タイプのWi-Fiです。コンセントから電源を取って使えるタイプであり、データ容量無制限です。通信速度もポケットWi-Fiよりも優れています。

また、ソフトバンクのスマートフォンなどを利用していると、携帯料金の割引もあります。月額4,880円ですが、割引も入るため月額3,000円台で使うことも可能です。

ソフトバンクエアーはこちら

私のWi-Fi活用方法

私は現在、ソフトバンクのスマートフォン(携帯電話)を契約しており、テザリングオプションをつけています。テザリングというのは、スマホをWi-Fiルーターとして利用できるものです。スマホの料金プランで契約している通信容量の範囲内であれば、パソコンやタブレット端末を通信接続できることになります。

私の場合、スマホは月50GBの契約をしていますので、出先でPCを使うときには十分な通信接続が可能です。ソフトバンクのテザリングオプションは月額500円ですので、他社のルーターを契約するよりも格安です。

使い方にもよりますが、そこまで頻繁に通信をしないのであれば、テザリングオプションを検討するのもいいでしょう。

料金の安いWi-Fiで快適なインターネット生活を!

料金の安いWi-Fiがたくさん出回っている昨今。それぞれに特徴があり、業者選びに迷うかもしれません。この記事で紹介したWi-Fiの選び方を参考に、快適なインターネト生活を実現してください。

■こちらの記事も読まれています
iPhone(アイフォーン)を修理に出す流れと修理して分かったこと

iPhoneを紛失した時の対処方法は?日頃からバックアップはとておいたほうがいい?

iPhone(アイフォーン)のモバイルバッテリーおすすめ5選!上手な選び方も紹介!

iPhoneの電池の減りが早すぎる!困っている人は必見!バッテーリを長持ちさせる方法

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. そのヘッドホンで大丈夫?いいヘッドホンを選ぶコツを伝授!
  2. 祭り 暑さ対策 お祭りでの暑さ対策は日傘?濡れタオル?野外イベントを涼しく過ごす…
  3. 梅雨 洗濯物 乾かすコツ 梅雨の時期に洗濯物をうまく乾かすコツを紹介!これであなたの悩みも…
  4. 扇風機 縁側 エアコンなしで涼しくする方法とは?扇風機をうまく使って快適に過ご…
  5. テレビを観る子供 【2021年】Amazon(アマゾン)プライムデーでテレビを買お…
  6. 子供 プレゼント 【2021年版】子供向けクリスマスプレゼント集!5歳までの子供に…
  7. 敬老の日のプレゼント 【2021年】敬老の日のプレゼントをAmazon(アマゾン)で購…
  8. 山形市内のおすすめラーメン店を勝手に選んでみた!どのお店もおすす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP