雑感

いい意味で期待を裏切る侍JAPAN!!WBC開幕からいまだ負けなしの4連勝!!オランダ戦からみるすごさ

WBC開幕

WBC2017年3月12日、WBCの東京ラウンドは2次ラウンドに突入。
日本はプールAで勝ち上がったイスラエル、オランダ。
プールBからは日本、キューバが勝ち上がり2次ラウンドが行われます。

 

3月12日、日本はオランダと戦いました。
結果はもう各メディアで取り上げられていますのでご存知の通り日本が勝利しています。

 

タイブレークに突入する熱戦。
私はテレビ観戦をしておりましたが、一球一打に見入ってしまいました。
皆さんはどう感じましたか?

私は正直、強化試合の出来などからみてかなり厳しい戦いになると予想していました。
決していい状態でチームが仕上がっているとは思えませんでした。
ソフトバンクや阪神には敗戦。オリックスにはなんとか勝利…。

WBC参加してから初めて一次予選での敗退すらをも心配してしまいました。

 


しかししかし、始まってみれば1次予選は3連勝の1位通過。
2次ラウンドではメジャーリーガーも在籍するオランダ代表にも勝利。
いい意味で期待を裏切ってくれました。

大黒柱と思われた大谷翔平の不参加を感じさせないほどの熱戦を繰り広げています。

オランダとの試合は取ったら取り返すようなゲーム展開。
私はというか多くの方、野球解説者もビッグプレーに選んだのは広島、菊池のファインプレーではないでしょうか。

7回でした。
1アウト1塁の場面。
オランダのバッターは3番ボガーツ。
打った打球は投手の股の間を抜けるようなあたり。

特にテレビ観戦していた方は「センターに抜けたか」と思ったはずです。
私もそう思いました。

しかししかし、セカンド菊池がダイビングキャッチ。
グラブトスからセカンドのホースアウトをもぎ取ります。
もし、打球が抜けていれば1アウト1、3塁で4番のバレンティンですのでピンチが広がりました。

 

 

ビッグプレーでしたね。
どなたかは忘れましたが野球解説者曰く、ポジショニングが素晴らしい選手とのこと。
キャッチャーがピッチャーへ出す投球のサインも見ているはずだとのこと。

これぞプロという技ですね。
オランダナインからも拍手をうけるシーンがありました。

私の感想ですが正直、侍JAPANは他国に比べると少し投手力に欠ける部分があると思います。
当然、好投した千賀などもいます。
シーソーゲームになるということは投手力に不安が残ります。

それを補うのが守備陣のビッグプレーになるのではないでしょうか。
菊池は開幕戦のキューバ戦でも初回からファインプレーを見せてくれました。

大事な局面でビッグプレーが飛び出すのは侍JAPANの強み、すごさだと思います。
短期決戦は打ち勝つというよりアウトを確実に取っていく守備面や投手力が大事だと私は思っています。
守備で安心できる野手がいるというのは日本のチームの強みです。

問題はこれからの戦いですね。
旋風を巻き起こしているイスラエル。
第一次ラウンドでは快勝したものの通算成績では大きく負け越しているキューバ。

どのような戦いになるのか。
私は投手や守備面を重点的に観戦していきたいと思います。

 


■WBCについてはこちらも読まれています

WBC注目選手

キューバ戦観戦記

■その他観戦記録も合わせてお読みください

鎌ヶ谷スタジアムは2軍とは思えない充実さ!1軍並みに楽しめた野球観戦

ナゴヤドーム観戦記!ドラゴンズは負けてしまったものの貴重な経験を…

DeNAの応援に欠かせないグッズはなに?横浜スタジアムでの観戦を楽しむ方法

日産スタジアムで人生初のサッカー観戦!野球観戦との違いも体験!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. オンライン英会話スクール 無料体験 オンライン英会話スクール11社の無料体験を比較!自分に合うスクー…
  2. 阪神甲子園球場 クライマックスシリーズ(CS)で「雨天中止」の試合があった場合の…
  3. レジェンズシート 東京ドーム レジェンズシートの解説者とチケット情報2020年版!レジェンドO…
  4. いよいよエンジンがかかった?ラッキーボーイ小林は巨人のCS争いの…
  5. オンライン英会話 教室英会話 オンライン英会話スクールと教室英会話はどちらがいいのか?それぞれ…
  6. 過労運転 何が「過労運転」になるのか? 罰則や罰金 事例などを詳しく解説
  7. 平昌オリンピック スキー場 平昌ってどこにあるの?オリンピックが開催されている平昌について知…
  8. 申告敬遠 申告敬遠とは?反対意見も続出?メリットとデメリットの解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP