生活

中秋の名月はみたらし団子を食べて楽しく過ごそう!お月見団子などのまとめ

厳しい夏が終わり涼しい季節には月が綺麗に見えます。「中秋の名月」(ちゅうしゅうのめいげつ)は特に綺麗な月を見ることができますね。
私たちが今当たり前のように発しているお月見は古くからある習慣です。現代では少しアレンジしてお月見を楽しむこともあります。
私は綺麗な月を眺めながらみたらし団子を食べたこともあります。そこで、今回は中秋の名月や月見について、みたらし団子の作り方などお月見の楽しみ方を紹介していきます。

 

 

中秋の名月とは

 

中秋の名月と聞くものの、いったい何事なのでしょうか。小さい頃から当たり前のように聞いてきた言葉ですね。

 

中秋の名月は旧暦(きゅうれき)の8月15日の月を指し示します。文字通り、中秋とは秋の真ん中。旧暦、つまり、昔のカレンダーでは7月、8月、9月を秋としています。
中学校の国語の古典の時間に習ったような気もしますね。

 

 

旧暦の8月15日は秋のど真ん中ということで十五夜のお月見をする習慣が今でも残っています。ちなみに、今年、2017年の中秋の名月は10月4日、水曜日となっています。毎年、旧暦で8月15日になる日程は変わるため、来年も再確認しましょう。

 

 

お月見をするのはなぜ?

 

経験があるでしょう、お月見。私なんかはあまり風情があることができないので満月を見ながら団子を食べることくらいしかしたことがありません…。
中秋の名月にお月見をする習慣は唐(今の中国)から伝わったのではないかとのこと。その当時の中国では月を見る催(もよお)しがあり、遣唐使を通じて平安時代の日本に伝わったという説です。日本に伝わってきた頃でも貴族など上流階級のたしなみとされていたようですね。

 

多くの人が知っていることとすれば農作物の豊作や収穫を願って十五夜の満月を鑑賞してお供え物をする説もあります。電気やライトがない時代、月の満ち欠けは農家や庶民の暮らしに大きな関係がありました。月の満ち欠けと作物の成長をなぞらえて月に感謝するようになったとも言われています。

 

ちなみに、お供え物として有名なのは月見団子、ススキ、収穫した農作物があります。おもち、団子は農耕儀礼(豊作を願う儀式)では欠かせないものとなっています。お月見の時にもお供えします。十五夜にかけて15個の団子を供えるのが習慣的です。そして、ススキは作物の成長を見守ってくれる月の神様と考えられているために用意。収穫した農作物をお供えすることでお月様との関係も良くなるとされています。

 

十五夜は別名として芋名月(いもめいげつ)とも言われています。十五夜の頃に芋類の収穫が盛んでそれらの収穫をお祝いする行事であることも由来。芋類のお供え物にぶどうといったツルものの作物を供えると月との繋がりがより良くなるといわれていますね。

 

様々なものをお供えしたら最後に食べるのも良しとされています。逆に食べることが本意とも聞きます。収穫したての作物、月見団子を美味しくいただいて感謝しましょう。

 

そして、お月見の面白い習慣ではお供え物の盗み食いも許されていることがあります。月見どろぼうといって、子供達が近所の家々を回ってお供え物を盗み食いすることで収穫をみんなで祝うという習慣とのこと。日本版のハロウィンとでも言えるでしょうか。面白い言い伝えです。

 

 

お月見の楽しみ方

 

昔のように高層ビルが立ち並んでいなければ自宅でもゆっくりとお月見ができます。現代では特に都心部となるとゆっくり月を見ることができない…。
どうやればお月見を楽しむことができるのだろうか…。なんて思う方も多いかもしれません。そこで、現代でもできるお月見の方法を紹介します。

 

まずは、お家の中で月が見える場所を探しましょう。月が見える場所は月見台(つきみだい)と言います。お家の中で月見台が見つかったらお供え物を飾り、月見を楽しみます。窓辺だったらそこにテーブルを置いて見たり、縁側でうまく見れたらそこがベストかもしれません。庭でしか見えなかったら思い切ってアウトドアで使うようなテーブルを置いて月見をしてみましょう。

 

お供え物は先ほど紹介した、月見団子、ススキ、農家さんであれば収穫したもの。農家ではなくても買ってきた果物や野菜を供えてみてはどうでしょうか。お月見が終わった時に食べることを考えれば月見団子をみたらし団子にすると食べやすいと思います。もしくは、小さいお子さんがいるご家庭ならば紙粘土で団子を作って飾るのもいいでしょう。

 

いろんなものを準備するのが大変と思う場合にはお月見セットと言われるおもちゃもあります。お月見セットに食べ物をお供えしてみるのも楽しいですね。お月見セットも結構本格的なものがありました。月見団子も木で作られたおもちゃ風のものもあるようです。

 

お月見セット

新品価格
¥2,160から
(2017/8/17 02:30時点)

ノーブランド品 お月見団子(小)4個セット

新品価格
¥226から
(2017/8/17 02:30時点)

FBOP お月見セット

新品価格
¥1,080から
(2017/8/17 02:31時点)

紙粘土は安いものでも十分です。家族みんなで作れば楽しさも増しますね。

 

パジコ かるいかみねんど かるがる 202116

新品価格
¥302から
(2017/8/17 02:33時点)

農作物の収穫を祝ったりすることがお月見でしたが現代の生活に合わせた楽しみ方もあるので、毎年行ってみてはどうでしょうか。

 

 

お月見のお供「みたらし団子」の作り方

 

お月見でお供えしたものは最終的に食べます。その時にお月見団子を工夫して作れば食べるのが楽しみになりますね。先ほども述べましたがみたらし団子が個人的にはおすすめですので作り方を紹介します。

 

少しだけ話がずれますがみたらし団子はご存知の通り、砂糖醤油の団子です。実は漢字でも書くことができるみたいです。漢字で書くと「御手洗団子」となります。「え?」と思った方はいませんか?私は思いました。「御手洗」って普通に読めば「おてあらい」ですよね…?もしかして、みたらし団子の由来ってトイレが関係するの…?

 

心配しないでください、そうではありません(笑)

 

京都市左京区下鴨にある下鴨神社(しもがもじんじゃ)が行う「御手洗祭」がルーツと言われていて、細かくは諸説あるようです。詳しい解説は避けますがトイレが語源ではありませんのでご安心ください(笑)

 

話を本題に戻しましょう。月見用のみたらし団子の作り方です。私がクックパッドで色々とみて見たのですが一番美味しそうなみたらし団子を選びました。

 

みたらし団子・作り方

 

ヘルシーかつお手軽にできそうなレシピだと思います。ご覧になって、中秋の名月のお月見で食べてくださいね。

 

 

最後に

 

中秋の名月は旧暦で8月15日。現代であれば毎日食事ができる感謝の気持ちを込めて行うのはいかがでしょうか。
みたらし団子を作ってゆっくりお月見をして、最後に美味しくいただいてみませんか?

 

 

 

■レシピ関係はこちらでも紹介しています

簡単スイーツはホットケーキミックスを使って作ろう!おすすめ手作りスイーツ5選!

 

■こちらの記事も読まれています

敬老の日のプレゼントは孫からもらうと喜び倍増!︎人気のプレゼント10選とこぼれ話

敬老の日の花の種類は何がいいの?花の種類・選び方・花言葉のまとめ

敬老の日のメッセージカードは手作りで!︎誰にでもできる作り方

敬老の日の文例集!︎手紙やメッセージカードに役立つ内容のまとめ

敬老の日のイラスト・フレーム特集!︎無料の白黒素材やメッセージカードのフレームのまとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. スマホ 女性 【au】アップグレードプログラムの使い方とは?機器は返却しないと…
  2. 梅雨 洗濯物 乾かすコツ 梅雨の時期に洗濯物をうまく乾かすコツを紹介!これであなたの悩みも…
  3. メディプラス 紹介 メディプラスゲルの効果は?メリットとデメリット、購入方法の紹介!…
  4. マイナンバーカードの作り方|スマホから申請したら3分で完了した話…
  5. 老眼鏡 スマホ老眼のおすすめグッズ3選!100円アイテムで対策は万全?
  6. 疲れ目 パソコンの目の疲れにおすすめのマッサージ方法やアイテム
  7. 山形と東京のおすすめ移動方法は?私の体験からおトクな方法を伝授!…
  8. アップデートプログラムNX 【au】アップグレードプログラムNXとは?お得感がないプログラム…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP