生活

サウナに入ってダイエットをしよう!おすすめのサウナの入り方!


スポンサーリンク

銭湯や温泉、またはスポーツジムにはサウナがありますね。私も通っているスポーツジムで動いた後にサウナに入ります。ですが、ふと思いました。「自分のサウナの入り方は何かに効果があるのだろうか…」そんな疑問もあり、今回はダイエットをしたい方にサウナの入り方を紹介していきたいと思います。

 

そもそもダイエットを成功させるには?

サウナに限らず、ダイエットに成功するにはキーワードがあります。おそらく誰でも知っていますね。摂取カロリーよりも消費カロリーを増やすことですね。人間は何もしなくても消費する基礎代謝があります。基礎代謝に加えて消費カロリー増やして摂取カロリーよりも多くなれば太りませんね。

 

しかし、「じゃあ、食べないで痩せればいいのか…」と思うかもしれません。

 

ちょっと待って下さい。それが間違っているのです。食事を控えてカロリーの摂取を過剰に抑えると、カロリーを消費しにくい体になります…。
周りにもいませんか?極端な食事制限をしてダイエットや痩せることに失敗している人。

 

そこを履き違えないで下さいね。食事についてもしっかりと考えて、プラスαとして運動やサウナを使うと考えましょう。ちなみに、痩せるコツについては以下のページを読んでみましょう。

 

 

サウナの効果を知っておこう!

サウナにはいくつかの効果が期待できます。

 

①デトックス効果

デトックス効果とは体の老廃物や毒素を外に出すことです。それによって、内臓の調子も向上。消費カロリーの増加につながっていきます。不要な水分を取り除くのでむくみにも効果的です。

 

②新陳代謝の活性化

サウナに入ると体も温まり血行が良くなります。酸素や栄養分が体に回りやすい状態になるのです。それが新陳代謝のアップになります。

 

③自律神経を整える

自律神経は交感神経(集中した時に活性化する神経)と副交感神経(リラックスした状態で活性化する神経)をまとめた言い方です。そのバランスが崩れると体調不良になりやすいです。自律神経の乱れは摂取したカロリーをうまく消費できなくなることもあり、痩せにくい体に。サウナで体を温めると体温が一定になるので自律神経が安定し始め、代謝の活性化につながります。

 

④皮下脂肪への効果

皮下脂肪とは皮膚の下についている脂肪です。温めることで燃焼効果がアップします。皮下脂肪は油の塊。温めると溶けやすくなって老廃物と一緒に外に出やすくなります。

 

普段何気なく、サウナに入っていますがいろんな効果がありますね…。では、サウナの効果もわかったところで上手な入り方をみていきましょう。

 

 

ダイエット効果を高めるサウナの入り方

先に紹介したサウナの効果をさらに高めて、ダイエットにつなげる方法を伝授します!

 

①サウナに入る前に水分補給

根本的なことですが、サウナに入って汗を出すこと。それが重要です。不要物を外に出すわけですからね!しかし、体の中に水分がなければ出すにも出せません。ということで、サウナに入る前には水分補給をしましょう。目安はコップ1杯、200mlほどです!

 

②体も洗ってからサウナへ

汗を掻くことが重要なサウナですので汗腺(かんせん)にある汚れを落としてから入ります。毛穴をキレイにしてサウナに入りましょう!夏場の日焼け止め、ボディークリームなどを塗った時には丁寧に洗って下さいね。また、女性であれば化粧を落とすと効果が上がります。

 

③体を温める

運動後のサウナ利用であれば問題ないでしょう。しかし、特に冬場であれば体が冷えている可能性も。体が冷えていると汗を掻くまで時間がかかってしまいます。体が冷えていると感じたら、湯船に10分ほど使ってからサウナに入りましょう。サウナと外の寒暖差が苦手な方もこうすることで体への負担を軽減できます。

 

④いよいよサウナへ

事前準備をしたらいよいよサウナに入ります!一般的なサウナは温度が80℃〜90℃と推測できます。10分を目安に入ったら一旦出て汗が引くまで休憩。そしたら再びサウナに。これを4、5回繰り返し入るのが理想です。

 

⑤サウナを出たら水分補給

私もそうですがサウナに入ると1kgほど減ります。なんとなく達成感を覚えますが多くの水分が体から失われています。喉の渇きを癒すためにしっかりと水分を取りましょう。水分が不足すると血液がドロドロになりやすく酸素や栄養素の周りが悪くなってしまいます。代謝の低下につながりますのでご注意を。

ちなみに、残念なことをいうとサウナに入って減った体重は全て体内の水分…。すぐに戻ります。継続してサウナを利用することで代謝が上がり痩せやすい体になることを忘れないようにして下さいね。

 

実は私は、5分サウナに入ったら一回外に出て冷たいシャワーを1分ほど浴びて再度5分入る。それで終了でした。もう少し長めに入った方が良さそうですね…。

 

 

こんな時はサウナに入らない!

ダイエットのためにサウナを継続して入ろう…。そう決意して実行するのは素晴らしいことです。しかし、無理をしてはいけません。

 

①20分以上はサウナに入らない

サウナは普段感じることのない高温の場所です。長く入り続けると脱水症状や体調不良につながります。

 

②食後すぐや空腹時も避ける

食後は消化のために胃へ血液が集中します。しかし、サウナに入ると血流をよくしようと血液をあちこちへ循環させる働きが起こります。この二つが同時に起こることで気分が悪くなりやすいのです。逆に空腹時は貧血をおこしやすいです。

 

③急な冷水シャワーや水風呂に注意

サウナに入った後の温まった体を急に冷やすと心臓への負担が大きくなります。水風呂に入る時には手や足などの体の先の方からゆっくり入りましょう!

 

あと、当たり前ですが体調が悪い時に無理にサウナに入ってはいけません!

 

サウナに入ってダイエット効果を高めよう

サウナに入ることでダイエット効果を高めることができます。痩せにくい体に近づきます。注意点やサウナの入り方を気をつけてダイエットしてみませんか?

 

 

■こちらの記事も読まれています!

DCCディープチェンジクレアチンで効果的にビルドアップ!効果や価格を一挙公開

筋トレを自宅で行って腹筋を割る方法とは?お金と道具を使わずにマッチョになろう!

道の駅で車中泊!温泉のある関東エリア道の駅の紹介とと注意点

脂肪燃焼に役立つ成分は何?厳選5成分と効果的な摂取方法!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 簡単スイーツはホットケーキミックスを使って作ろう!おすすめ手作り…
  2. 敬老の日の文例集!手紙やメッセージカードに役立つ内容のまとめ
  3. コワーキングスペースを使ってみよう!コワーキングスペースのまとめ…
  4. スティッククリーナーはおすすめ!使ってほしい商品や注意点!
  5. 【DMMいろいろレンタル】スーツケースレンタルは旅行好きなら要検…
  6. 【2019年版】子供向けクリスマスプレゼント集!5歳までの子供に…
  7. 敬老の日のメッセージカードは手作りで!誰にでもできる作り方の紹介…
  8. paidy(ペイディー)がDMM.comのサービスで利用可能!急…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサーリンク
PAGE TOP