雑感

平昌ってどこにあるの?オリンピックが開催されている平昌について知ろう!


スポンサーリンク

連日、日本人選手のメダル獲得報道で賑わう、平昌(ぴょんちゃん)オリンピック。どうでしょうか、ご覧になっていますか?2月14日は注目の女子スピードスケート1000mが実施されました。小平奈緒選手が銀メダル、高木美帆選手が銅メダルと日本の強さをみせてくれましたね。個人的、高木美帆さんには注目していましたので、なんとかメダルと取ってくれて嬉しかったですね。ちなみに、高木美帆さんについて書いた記事もありますので、ご覧ください!

 

木美帆がスケートで銀メダル獲得!意外な特技は下半身強化に最適?

 

ところで、毎日のように放送されている平昌オリンピックですが、私自身、そこまで「平昌」について知りません。テレビ番組をみている限り、寒い場所なんだろうな…と感じたくらいです。そこで、今回は平昌について色々とみていこうと思います。

 

 

 

平昌オリンピックについて

一応、オリンピックが開催中ということで、日程や放送予定を最初にまとめておきますね。日程は2月8日から25日(一部競技は8日スタート、開会式は2月9日)。競技数は15種類。競技日程をみてみると、カーリングやアイスホッケーは毎日のように試合があるんですね。

競技種目・競技日程

注目される日本人選手が登場するのは、ジャンプ、スピードスケート、フィギュア。この辺りでしょうかね。この記事を書いているのが15日ですので、あともう少しオリンピックが楽しめますね。

 

 

平昌ってどんなところ?

では、ここから、平昌についてみていこうと思います。平昌は韓国(大韓民国)にある都市。首都、ソウルから東へ車で3時間ほどで到着する場所です。日本との時差はありません。

私は韓国に行ったことがありますが、「平昌」という都市は今回のオリンピック開催で初めて知りました。人口は4万人ほどと小さな街で、山岳地帯になるようですね。

その為、夏は避暑地、冬はスキーリゾート地として韓国内では知られています。今回のオリンピックではかなり極寒のイメージがありますが、やはり、2月の平均気温は氷点下とのことです。

降雪量、積雪量も韓国では多い地域になり、1989年2月には188cmの積雪を観測しています。しかし、2000年代に入ると平均積雪で30cmを下回ることが多く、雪よりも気温の低さが目立つようになります。

そういえば、オリンピック開催直前でも雪不足が度々取り上げられましたね。

冬の気温は-20度になることもあるので、かなり寒いですね。日本でその気温になるのは北海道の一部くらいではないでしょうか。私も雪国在住ですが、経験上、-10度くらいまでしか経験がありません。そのさらに10度低いとなれば、生きていけるのか不安になります…(笑)

スキーのジャンプ競技で日本の葛西紀明選手が厳しい寒さの中、競技順を待っていたとのニュースは記憶に新しいところですね。

ただ、スキーリゾートはかなり人気のようで、シーズンになると観光客で賑わうようです。ちなみに、日本でも大人気の韓国ドラマ「冬のソナタ」は平昌にある「龍平(ヨンピョン)スキーリゾート」がロケ地にもなりました。東洋でも最大規模のスキー場です。

また、高山帯の特徴を生かし、リゾート以外の産業も盛んです。高原野菜、朝鮮牛、そばの生産も盛ん。そばは韓国でも有名となっていますよ。冷麺風の盛り付けで、辛みもあります。

辛いものが少し苦手な私にとって、少し勇気のいるメニューですが…。日本とは違う提供のされ方ですね。

 

 

今、平壌ではモルゲッソヨ像が人気?

平昌オリンピックが開始され、少し話題になっているのが「モルゲッソヨ像」と呼ばれるオブジェ。

senkaku38さん(@senkaku38)がシェアした投稿

この3体の像は平昌オリンピックのメインプレスセンター前に建てられている、奇妙な像です。この像は正式に言うと「銃弾(弾丸)マン」だそうです。まあ、確かに頭の形なんかみると銃弾に見えますが…。不思議です。

もともと、2009年に韓国の作家、キムジヒョンさんが書いた「銃弾マン」と言う作品が起源とのこと。

今回、話題になったきっかけは日本の東京スポーツの記者がオリンピックのボランティアスタッフ尋ねた一言からです。この像は何かを尋ねた返答が「モルゲッソヨ(わかりません)」と誰もが口を揃えて言ったことから「モルゲッソヨ像」と話題になります。

人気からか、話題からか、ラテアートにもなっています。

ちょっと奇妙ですが、マスコット的に楽しむ方々がいそうですね。

 

 

高山地帯の平昌

現在、世界各国の選手たちが熱戦を繰り広げている平昌オリンピック。平昌とはどこにあるかなど、意外に知られていな部分を紹介しました。知識として役に立ったら嬉しい限りです。

まだまだ、オリンピックは続きます。日本人選手の活躍に期待しましょう。

 

 

■こちらの記事も読まれています!

羽生結弦が跳ぶ4回転はもはや当たり前の技?その種類を調べてみた!

高木美帆がスケートで銀メダル獲得!意外な特技は下半身強化に最適?

 

■国際大会に関してはこちらも読まれています

WBCで不気味な存在のオランダ!!バレンティンの集中力がすさまじい

初めての国際試合観戦!WBC日本VSキューバは大いに盛り上がった試合

間もなく開幕WBC!3度目の優勝へ1次ラウンド対戦国の分析と注目選手!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 筒香嘉智VS山田哲人!!打撃タイトルをハイレベルで争う今季の二人…
  2. メンタルの弱さを克服する方法とは?私が行なっていることも公開しま…
  3. 【西日本豪雨】被災地に募金(寄付)する方法とは?モノではなくお金…
  4. WBCで不気味な存在のオランダ!バレンティンの集中力がすさまじい…
  5. 5Gって一体何?これからの通信はどうなっていくのか
  6. Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)を使っ…
  7. パソコンはメモリが大事なのか?最近買った「MacBook Air…
  8. レジェンズシートの解説者とチケット情報2019年版!レジェンドO…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 2月 17日

ピックアップ記事

スポンサーリンク
PAGE TOP