生活

お彼岸にすることは何?彼岸の目的から用意するものまでまとめてみた


スポンサーリンク

春と秋にあるお彼岸。言葉は聞いても実際にお彼岸にすることは何?と思ってしまう方もいるのではないでしょうか。
学校で学ぶこともなく、家族に色々と聞いてようやくわかった方も多いかもしれません。
今回はお彼岸に何をするのか、必要なものなどを紹介していいきます。知識として参考にしてみてください。

 

 

お彼岸とは

 

まずは基本的な知識として彼岸は一体何かを説明します。

 

「彼岸」はサンスクリット語(インドの言語)の「波羅密多」(はらみた)から来たものといわれています。
煩悩(ぼんのう)と迷いの世界である此岸(しがん)にある者が、「六波羅蜜」(ろくはらみつ)の修行をする事になります。
そして、「悟りの世界」、「彼岸」(ひがん)へ到達することが出来るということからきています。

彼岸の期間は春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を示します。その間に仏様の供養をすることで極楽浄土へ行くことができると考えられています。

ちなみに2017年のお彼岸は以下のようになります。

 

春彼岸
彼岸入り3月17日、お中日3月20日、彼岸明け3月23日

秋彼岸

彼岸入り9月20日、お中日9月23日、彼岸明け9月26日

 

なぜ、春と秋の春分の日、秋分の日の前後に行われるかは太陽の動きに関係があります。
春分の日、秋分の日は太陽が真東から昇り真西に沈みます。(中学生の理科ではしっかり習いますね)

仏教の世界では西にあの世があると定めています。太陽が真西に沈むこともあってあの世との距離が一番近くことから先祖様などを供養するという考え。

 

こういうことも学校で教えてくれるといいんでしょうけれども宗教が関係するためか学びませんね。

 

お彼岸の過ごし方

 

では次に、お彼岸の時の過ごし方や流れをみていきますね。

 

まずはしっかりと仏壇やその周りを綺麗にしましょう。ぼたもちなどのお供え物を用意してお花も飾ります。
それから、家族で仏壇に手を合わせましょう。その後にお墓まいりも。(お寺に位牌があれば向かいましょう)

 

お墓にお参りをすることを考えれば彼岸の期間前には墓掃除もします。お墓まいりの際にもお供え物や花を飾ってお参りします。

 

お供えしたぼたもちやおはぎ、彼岸団子はその日のうちに食べましょう。(おはぎやぼたもちについてはあとで紹介します)

 

お彼岸にすることは「お墓参り」、「仏壇にお供え物をしてお祈り」ですね。普段はあまりしないことをしっかりとして日頃の生活に感謝するいい機会にしてみてはどうでしょうか。

 

お寺では「彼岸会」を開くこともありお坊さんがお彼岸の教えを教授してくれたりもします。仏教の年中行事では一般的に行われる行事でもあるようです。

 

 

お彼岸に必要なもの

 

お墓まいりや仏壇にお供えするもので必要なものは何かも記(しる)しておきます。

 

・お供え物(ぼたもちやおはぎ、和菓子、くだものなど)
・線香とろうそく
・お花
・掃除道具

 

以上があると問題ないでしょう。掃除道具に関してはお墓まいりと掃除を同日に行う時に持っていきます。
お供え物は通常のお墓まいりと何も変わらずでいいですね。しかし、お彼岸の日はぼたもちかおはぎは備えましょう。もし、お彼岸の時に他家に向かう時にはお供え物に線香を届けてみてください。(香典の「香」は線香の香に由来しています。)

 

仏縁堂ブランド:進物用線香・高級線香【名香:珠麗香(じゅれいこう) 白檀・沈香 2本入り 化粧箱付】贈答用お線香 お盆・お彼岸・里帰りに

新品価格
¥2,376から
(2017/8/11 23:29時点)

また、お供え物を備える時には直接には置かずに二つ折りした半紙の上に置きます。マナーとして覚えて置きましょう。

 

 

おはぎとぼたもちについて

 

お彼岸で少しきになるのはおはぎやぼたもちをお供えして、私たちも食べること。一体どんな理由からおはぎやぼたもちが出てきたのでしょうか。

 

春彼岸では「ぼたもち」、秋彼岸では「おはぎ」を供えることが正しいとされています。ぼたもちとおはぎの違いは歓呼の違いだけであって「こしあん」(ぼたもち)か「つぶあん」(おはぎ)かです。

 

なぜ、春彼岸ではぼたもちで秋彼岸はおはぎなのか。

 

春の花に牡丹(ぼたん)があります。牡丹の花をみてあずきの粒を形容したことからぼたもちになったと言われています。また、秋彼岸の供え物のおはぎは秋の七草の萩(はぎ)の花があずきの粒に似ていることが由来しています。お萩餅という丁寧な言い方からおはぎへと変化。

 

このぼたもちやおはぎが供え物になったのは江戸時代からとも言われています。江戸時代に甘いもの、いわゆる砂糖は高級品とされていました。貴重な甘いものは特別な日や特別な人に振る舞うことから始まったのではないかとも考えられています。

 

もし、せっかくのお彼岸の日くらいは手作りでおはぎやぼたもちをつくってみようと思う方は以下を参考にしましょう。

 

ぼたもち・作り方

おはぎ・作り方

 

地域や地方によってぼたもちもおはぎも同じものと考えられていることもあります。地域の文化に合わせてお供え物を作りましょう。

 

 

最後に

 

今更ながらお彼岸にすることを紹介してみました。学校では教えてもらわない行事。
ご先祖様に感謝する気持ちを込めてお参りしてみてはどうでしょうか。

自分を見つめなをすいい機会にしましょう。

 

 

 

 

■こちらの記事も読まれています

中秋の名月はみたらし団子を食べて楽しく過ごそう!お月見団子などのまとめ

おせちはネットで注文!手間をはぶいて美味しいおせちを!

敬老の日のイラスト・フレーム特集!無料の白黒素材やメッセージカードのフレームのまとめ

敬老の日の文例集!手紙やメッセージカードに役立つ内容のまとめ

敬老の日の花の種類は何がいいの?花の種類・選び方・花言葉のまとめ

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 山形市での火災などの発生場所が電話・ホームページで分かります
  2. 【2019年夏版】高速道路の渋滞予想を知るには?渋滞の時に気をつ…
  3. プログラミングって何?小学生向けのプログラミング教室の紹介
  4. ゲリラ豪雨対策グッズをそろえよう!おすすめ商品5選+スマホアプリ…
  5. 山形と東京のおすすめ移動方法は?私の体験からおトクな方法を伝授!…
  6. スマホ老眼のおすすめグッズ3選!100円アイテムで対策は万全?
  7. メディプラスゲルの効果は?メリットとデメリット、購入方法の紹介!…
  8. 敬老の日のプレゼントは孫からもらうと喜び倍増!人気のプレゼント1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサーリンク
PAGE TOP