生活

レクサスのサブスク「KINTO for LEXUS」を徹底解説!メリット・デメリット、料金まで

KINTO_for_LEXU01

「KINTO for LEXUS」は高級車として有名なレクサス車に乗れることで知られています。

本記事では「KINTO for LEXUS」の概要、メリット・デメリット、料金などをご紹介していきます。

「KINTO for LEXUS」のご利用をご検討の方は、ぜひご覧ください。

「KINTO for LEXUS」の概要

KINTO_for_LEXU02

まずは「KINTO for LEXUS」の概要をお伝えします。

「KINTO for LEXUS」はトヨタ車のサブスクリプションサービスである「KINTO」のレクサスバージョンです。

個人契約と法人契約が可能です。

ただし、個人契約の場合は18歳以上で免許を持ってる方がご利用できます。

選べる車種は3種類となっています。

なお、月額料金には車体本体、登録時の諸費用、維持費、各種税金、車検費用、自賠責保険、任意保険などのさまざまな費用が含まれます。

「KINTO for LEXUS」の仕組み

月々定額でレクサス車をご利用になれる仕組みをご紹介します。

ユーザーが契約する車の車検証上では使用者が契約者本人(ユーザー)、所有者はKINTO、月々の料金はトヨタファイナンスから契約者に請求されます。

また、車のメンテナンスやケアなどはトヨタ・レクサスの正規販売店が行います。

メンテナンスにかかる費用は月額料金に含まれます。

「KINTO for LEXUS」の料金プラン

「KINTO for LEXUS」においてレクサス車をご利用委なる際の料金プランは「初期費用フリープラン」と「解約金フリープラン」となります。

大まかな特徴をピックアップしてみました。

■初期費用フリープラン
・初期費用なし
・契約期間は3年間
・契約期間中の中途解約は中途解約金が必要
・契約から一定期間経過後に車の変更ができる(のりかえGO)
(契約開始から1年半後から契約満了4か月前まで申し込み可能、一定の手数料が必要)
・契約期間が満了した場合は新たな車への乗り換えか車の返却となる

■解約金フリープラン
・初期費用が申込金として月額5か月分相当が必要
・契約期間は3年で満了後再契約が可能
・中途解約金なし

なお、「KINTO for LEXUS」で契約できるレクサス車は以下をご覧ください。

・UX:月額47,850円~(コンパクトクロスオーバー)
・IS:月額93,500円~(FRスポーツセダン)
・ES:月額111,100円~(エモーショナルなセダン)

「KINTO for LEXUS」のメリット

「KINTO for LEXUS」にはさまざまなメリットがあります。

メリットの一例として6つの内容をご紹介します。

頭金なし月々コミコミの金額でレクサスが乗れる

「KINTO for LEXUS」は頭金不要でご利用になれます。

レクサス車に限らず車を購入する際は、まとまった資金が必要です。

「KINTO for LEXUS」はサブスクリプションサービスであるため、月々の費用が用意できればレクサス車に乗れるのです。

本来であれば頭金に充当すべき資金は他の用途に使用するなどメリットが生まれます。

購入よりも安く乗れる

「KINTO for LEXUS」をご利用になると、現金一括払いやローンを組んで購入するよりも費用をおさえることが可能です。

というのも、自動車税、車検費用、自動車保険料、タイヤ代、バッテリー代などが月々の料金に含まれるからです。

特にローンを組んだ場合は車体費用を月々で支払い、さらに諸費用がかかり負担が大きくなりやすいです。

「KINTO for LEXUS」であれば月々の費用のみで諸経費を気にすることがありません。

自動車安全保険付き

「KINTO for LEXUS」には自動車保険が付きます。

そのため、家族や知人とシェアしてレクサス車を楽しむことが可能です。

「KINTO for LEXUS」の自動車保険の補償内容を一部ですがご紹介します。

・対人対物無制限保証
・契約者本人、同乗者の怪我は5,000万円まで補償
・自己負担額最大5万円(税抜)で車の補償
・1事故につき300万円の弁護士費用
・ロードサービス など

車を購入する際は、自分で民間の保険会社を探して補償内容を検討、契約と負担が多いものです。

「KINTO for LEXUS」であれば自動車保険の加入においても負担が少なくなります。

サポート体制とメンテナンス内容の充実

「KINTO for LEXUS」を契約すると、レクサスオーナー限定の「レクサスオーナーズデスク」を利用できます。

レクサス車を乗車しているときのトラブルには24時間365日、ナビの目的地設定などきめ細やかなサポートを受けることが可能です。

また、エンジンオイルやブレーキバッド、エンジンオイルフィルター、ブレーキライニング、ブレーキフルードなど幅広い消耗品の交換が月額費用に含まれます。

消耗品の費用負担を気にする必要がない点も「KINTO for LEXUS」のメリットです。

クレジットカード・口座振替から支払い方法が選べる

「KINTO for LEXUS」の支払い方法は、クレジットカードもしくは口座振替から選べます。

クレジットカードはVISA、MasterCard、JBCなどがご利用になれます。

口座振替は希望する口座をご用意ください。

個人事業主は費用を経費にできる

個人事業主の方が「KINTO for LEXUS」をご契約する場合は、月々の費用を経費することが可能です。

ただし、業務に使用することが前提になると考えられるため、経費にする際は担当の税理士などにご相談のうえ計上してください。

「KINTO for LEXUS」のデメリット

「KINTO for LEXUS」にはいくつかのデメリットがあります。

以下で取り上げるデメリットをご理解のうえ、「KINTO for LEXUS」のご利用をご検討ください。

買取ができない

「KINTO for LEXUS」は契約が満了すると車を返却することが前提です。

そのため、車が気に入ったとしても買取ることができません。

また、車を返す際は原状回復が条件となります。

契約満了前もしくは解約前には修理が必要になる場合があります。

ただし、原状回復は大きな傷、著しい汚れなど、劣化が激しい場合に費用が発生するケースがほとんどです。

ペットの乗車など車の価値を下げる行為が禁止

先述のとおり、「KINTO for LEXUS」は契約満了か中途解約時には車を返却する必要があり、返却された車の価値を保つことが求められます。

そのため、ペットの乗車や車の改造など価値を下げることはお控えください。

修理対応はレクサスの正規店のみ

「KINTO for LEXUS」をご利用の際に、車の修理はレクサス正規店に依頼することになります。

これは月額料金内でサポートを受けるためです。

ご自宅などからレクサスの正規店が遠い場合は、不便に感じる可能性があります。

「KINTO for LEXUS」がおすすめな人・おすすめできない人

「KINTO for LEXUS」に関してさまざまな面をご紹介しました。

ここまでの内容を踏まえて「KINTO for LEXUS」がおすすめな人をご紹介します。

・車の維持費を一元管理したい人
・3年前後で車を乗り替えたい人
・気軽レクサス車に乗りたい人

以上は「KINTO for LEXUS」のメリットを踏まえて検討してみました。

一方で所有欲を満たしたい人や制限を感じる人は「KINTO for LEXUS」のようなサービスが向かない可能性があります。

「KINTO for LEXUS」でレクサス車をサブスクしてみよう

「KINTO for LEXUS」にはさまざまな魅力があります。

手軽にレクサス車に乗りたい方は、デメリットに対策してご利用してみてはどうでしょうか。

■こちらの記事も読まれています。
車検費用を安くできる!?少しでも安くするために知っておきたいこと

タイヤチェーンは早めに準備!これを見れば急な大雪にも対応できる!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. ゲリラ豪雨 ゲリラ豪雨対策グッズをそろえよう!おすすめ商品5選+スマホアプリ…
  2. 換気扇 掃除 大掃除のやり残し|換気扇のベタベタを綺麗にする方法と汚れの防ぎ方…
  3. 山形市内のおすすめラーメン店を勝手に選んでみた!どのお店もおすす…
  4. インフルエンザ 予防接種 効果 インフルエンザの予防接種は効果がある?受けた方が良い理由や対策と…
  5. お年玉 相場 お年玉の相場を年齢別や関係性別にご紹介!渡し方も確認しておこう
  6. 【敬老の日にも最適】お年寄りへの手紙の文例集!メッセージカードに…
  7. 陳列されている飲み物 Amazonネットスーパー ライフでお買い物をより簡単に!使い方…
  8. そのヘッドホンで大丈夫?いいヘッドホンを選ぶコツを伝授!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP