温泉・旅行・観光

金華山(岐阜)の登山コースは初心者用もあり!登山道の紹介


スポンサーリンク

岐阜県の金華山(きんかざん)は地元の方々のシンボル的な存在として、さらには夜景も綺麗なことからデートスポットににもなっています。

最近では男女問わず登山ブームが巻き起こっていますが、金華山は初心者の方には入門的なコースもあります。

そこで今回は登山コースを中心に、金華山周辺の観光情報もまとめてみましたご覧ください。

金華山とは

まずは金華山についての基本情報をまとめました。

金華山は宮城県石巻市にもありますが、今回紹介するのは岐阜県岐阜市にある金華山になります。

金華山の歴史を調べてみると鎌倉時代までさかのぼります。

1201年、二階堂行政(にかいどうゆきまさ)が山頂に砦(とりで)を設けたことから始まります。

二階堂氏はその後、「稲葉」と生を改めたことから稲葉山と呼ばれていた時代もあったようですね。

そして、1400年代の15世紀になると斎藤利永(さいとうとしなが)が城を築きます。

1567年に織田信長の居城になると稲葉山城から岐阜城と改名。

小学校や中学校の歴史で学習した「楽市楽座」の政策が実施され、岐阜城の城下町は栄えることになります。

その後、徳川家康によって廃城となるものの、それに変わる井納城へと壮大な天守閣は移行されています。

金華山は現在、トンネルやロープウェイが整備されています。

また、金華山の標高は329mと決して高くはないですが、他の山とはつながっていません。

登山をして他の山に視界を邪魔されることがないので、眺めが非常にいいですよ。

金華山の場所は、名古屋からも近く数多くの登山客、観光客が訪れます。

登山口の目の前には大きな道路、コンビニ、農家、住宅街が広がりますが、そこから急に山が始まる光景は不思議でもあります。

登山コースは初心者から上級者までレベルに合わせたコースが豊富です。

合計10コースが用意されています。

金華山登山コース紹介

ここからは、金華山の登山コースを紹介します。

金華山の登山するにあたり、5つの登山口があります。

登山道の入り口は5つあり「岐阜公園」に2つ、「金華山ドライブウェイ西入り口」、「岩戸公園」、「達目洞」です。

岐阜公園から登れるコース(3つ)

1.めい想の小径(水手道)…距離:約2300m・所要時間:約60分
金華山の北側斜面を登るコースです。
入り口から歩いていくとしだいに、常緑広葉樹(ツブラジイ・アラカシ)が広がっていきます。
金華山では一番大きなスギやヒノキもコース中に茂っています。
歴史的にも古い登山道であり、城主が脱出用の道としても使っていたとか。

2.馬ノ背登山道…距離:約1100m・所要時間:約40分
金華山の北西側を歩きます。
頂上を目指すコースであり、金華山では最も険しい道です。
土壌が岩盤ということもあり、木々の根っこが露出して、登山道が守られています。
めい想の小径と同様で、常緑広葉樹が広がります。

3.百曲り登山道…距離:約1100m・所要時間:約40分
禅林寺から金華山の西側を進みます。
尾根を登るため、比較的険しい道です。

金華山ドライブウェイ西入り口から登れるコース(1つ)

4.七曲り登山道…距離:約1900m・所要時間:約60分
砦(とりで)のあとが多くみられるコースです。
岐阜森林管理所から金華山の南西を進みます。
昔、城に登るときにこのコースを使ったといわれています。

岩戸公園から登れるコース(2つ)

5.東坂ハイキングコース…距離:約1100m・所要時間:約30分
岩土公園から南東に登っていくコースです。
金華山の特徴的な植物を楽しめる登山道になります。
岩場からは南東の眺望がいい感じです。

6.唐釜ハイキングコース…距離:約1000m・所要時間:約40分
金華山の南斜面を横断していき、七曲り登山道と東坂ハイキングコースをつなぎます。
平坦な道が続く登山道です。
風の通り道でもあり、木々が斜めに生えているのを見ることができます。

達目洞から登れるコース(4つ)

7.達目ハイキングコース…距離:約800m・所要時間:約30分
達目洞と岩戸公園をつなぐコースです。
平坦な登山道であり、東坂ハイキングコースにつながっていきます。
ヒメコウホネなど珍しい植物が存在します。

8.大釜登山道…距離:約800m・所要時間:約35分
達目ハイキングコース鼻高ハイキングコースに接続します。
かつて人々が生活していた集落跡が残されています。

9.大参道ハイキングコース…距離:約900m・所要時間:約30分
達目ハイキングコースから鼻高ハイキングコースをつなぎます。
コースの下の方には、竹林もあります。
こちらも集落の里山として利用されていた跡があります。

10.鼻高ハイキングコース…距離:約1500m・所要時間:約40分
大参道ハイキングコースと大釜登山道から入れるコースです。
緩やかな道が続きます。
石積みがみられますが、砦ではないかといわれています。

初心者におすすめは達目洞から登れるコース

登山の初心者におすすめなのは、達目洞から入るコースです。

このコースは山の頂上を目指すコースではないものの、別のルートにもつながっています。

様々な登山コースを楽しめるでしょう。

また、歩きやすさと歴史や自然が感じられるのも魅力です。

例えば、「達目ハイキングコース → 大釜登山道 → 大参道ハイキングコース → 鼻高ハイキングコース」と歩いていくと、金華山の山頂が目指せます。

最短距離で金華山の山頂を目指すなら?

金華山の山頂を最短ルートで目指したいときは、百曲り登山道を進んで行きましょう。

初心者は少しきつい登山道かもしれませんが、金華山の自然を満喫できるコースになっています。

また、歴史好きならテンションが上がるでしょう。

「関ヶ原の戦い」の戦場跡とされている天下第一の門がありますよ。

「ハイキングするには自信がない…けれども金華山の頂上には行ってみたい」という場合なら、ロープウェイを使ってみましょう。

ロープウェイは大人(中学生以上)なら往復1100円、片道630円が通常料金です。

期間限定で、ナイターの利用も可能となります。

夜の金華山を楽しみたいときは検討しましょう。

(参考:金華山ロープウェイ

山登りは行きは良いもののくだり(帰り)が大変とよく聞きます。

帰りにロープウェイに乗って、綺麗な山並みや自然を感じてみるのもいいでしょう。

登山気分を味わえます。

関連記事
女性用のトレッキングウェアについて紹介しています。こちらもお読みください!
トレッキングウェアレディース用でおしゃれな商品はこれだ!季節別に紹介!

周辺観光情報

金華山の登山もさることながら、長期宿泊で楽しむ場合には周辺も観光に困ることはありません。

まずは「岐阜城」。

岐阜城は金華山の山頂に位置しています。

近くには岐阜城資料館もあり、ハイキングのみならずお城も楽しむことができます。

関連記事
岐阜城に関しての歴史などを書いてみました。
岐阜城の歴史は?城の造りや場所・アクセスにお土産まで紹介!

金華山山頂駅の近くには「リス村」があります。

文字通りですが、金華山のリスをみることができます。

可愛らしいリスをみて癒されましょう。

季節のイベントでは長良川の花火大会や鵜飼(うかい)イベントも開催されています。

長良川周辺に「長良川うかいミュージアム」もあり、普段は体験できない鵜飼の魅力を楽しめることでしょう。

また、金華山のふもとから少し離れていますが「川原町」(かわらまち)も風情のある街並みが続く観光スポットです。

レトロな建築物がのき並ぶ日本家屋をみることができます。

川原町については十八楼という宿のホームページにわかりやすく紹介されています。

私ものぞいてみましたが、日本家屋、昔ながらのグッズ(うちわ)など風情があると思えました。

色々とまとめてみると、登山にお城、金華山のふもとでは風情のある街並み…。

現代を忘れられる空間が広がっていますね。

非日常を体験したいときは金華山、周辺観光をしてみてはどうでしょうか。

関連記事
岐阜観光についての紹介記事を書きました。合わせてお読みください!
岐阜観光で絶対外せない観光スポットランキング!穴場や絶景・秘境にグルメまで!

最後に

登山で有名な岐阜の金華山。

登山コースは10個もあり、初心者から上級者まで楽しめます。

周辺観光も含めて、金華山の登山を楽しんでみましょう。

■こちらの記事も読まれています︎

榛名山(群馬)は魅力がたくさん!登山コースとおススメ周辺スポットを紹介!

トレッキングウェアはユニクロで十分?優れもののウェア特集!

京都の紅葉はライトアップを楽しむ!おすすめスポットと観光情報

高尾山の天気や季節に服装を合わせて登山を楽しむ!高尾山登山の服装を解説

ぶどう狩りは山梨で決まり!食べ放題のおすすめ農園のまとめ

梨狩りは東京でもできる?関東地区の梨狩りスポットのまとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 高尾山の天気や季節に服装を合わせて登山を楽しむ!高尾山登山の服装…
  2. プログラミングって何?小学生向けのプログラミング教室の紹介
  3. 筋トレを自宅で行って腹筋を割る方法とは?お金と道具を使わずにマッ…
  4. 山形市のイルミネーション情報|点灯期間や時間帯などのまとめ【20…
  5. 山形花笠まつり2019年の情報満載!日程やゲストからアクセスなど…
  6. 京都の紅葉はライトアップを楽しむ!おすすめスポットと観光情報
  7. 山形と東京のおすすめ移動方法は?私の体験からおトクな方法を伝授!…
  8. ぶどう狩りは山梨で決まり!食べ放題のおすすめ農園のまとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサーリンク
PAGE TOP