温泉・旅行・観光

金華山(岐阜)の登山コースは初心者用もあり!金華山の魅力やコース紹介!


スポンサーリンク

岐阜県の金華山(きんかざん)は地元の方々のシンボル的な存在として、さらには夜景も綺麗なことからデートスポットににもなっています。県内外を問わずに多くの方が訪れる金華山。最近では男女問わず登山ブームが巻き起こっていますが金華山は初心者の方には入門的なコースもあります。そこで今回は登山コースを中心に、金華山周辺の観光情報もまとめてみましたご覧ください。

金華山とは

 

まずは金華山についての基本情報をまとめました。金華山は宮城県石巻市にもありますが今回まとめているのは岐阜県岐阜市にある金華山になりますのでご了承ください。

 

金華山の歴史を調べてみると鎌倉時代までさかのぼります。1201年、二階堂行政(にかいどうゆきまさ)が山頂に砦(とりで)を設けたことから始まります。

 

 

二階堂氏はその後に「稲葉」と生を改めたことから稲葉山と呼ばれていた時代もあったようですね。そして、1400年代の15世紀になると斎藤利永(さいとうとしなが)が城を築きます。そして、1567年に織田信長の居城になると稲葉山城から岐阜城と改名。

 

歴史で学習した「楽市楽座」の政策が突れて岐阜城の城下町は栄えることになります。その後は徳川家康によって廃城となるものの、それに変わる井納城へと壮大な天守閣は移行されています。

 

それから、現在に至るまでトンネルやロープウェイが整備されています。金華山の標高は329mと決して高くはないですが他の山とはつながっていない山。登山して他の山に視界を邪魔されることがないので非常に眺めの良い山になります。

 

アクセスとしては名古屋からも近く数多くの登山客、観光客が訪れているようですね。金華山の特徴は登山口の目の前には大きな道路、コンビニ、農家、住宅街が広がっています。そこから急に山が始まる光景は不思議でもあります。

 

登山コースは初心者から上級者までレベルに合わせたコース。10コースが用意されています。一度は経験してみたい登山コースですね。

 

 

 

金華山登山コース紹介

 

先ほども紹介しましたが金華山には合計で10コースの登山コースが用意されています。ちょっと前まではもう少し、踏み固められただけの獣道(けものみち)もあったようです。ですが、今ではそれらの道では入り口にロープなどが貼られていて侵入不可能なっています。侵入しないようにしましょう。

 

登山道の入り口は4つあり「岐阜公園」、「金華山ドライブウェイ西入り口」、「岩戸公園」、「達目洞」。これれの四つあら入ることができます。

 

初心者にオススメは達目洞から入るコースです。このコースでは山の頂上を目指すコースではないものの別のルートにもつながっています。初心者にもオススメな理由は歩きやすさ。付け加えると自然と歴史も楽しめるバランスの良さです。

 

コースマップのペーシでは「達目洞ハイキングコース」として紹介されています。途中から大釜(おおかま)登山道大参道(だいさんどう)ハイキングコースを経由して鼻高ハイキングコースに挑戦(山頂を目指せます)東坂ハイキングコースまで足を伸ばし頂上を目指すことも出来る自由度の高い登山コースになります。

 

 

山頂まで行きたい場合で最短ルートで登りたいときには「百曲登山道」を進んで行きましょう。初心者では少しきつい登山道かもしれませんが金華山の自然を満喫できるコースになっています。また、歴史好きならテンションが上がるでしょう。「関ヶ原の戦い」の戦場跡とされている天下第一の門がありますよ。

 

「ハイキングするには自信がない…けれども金華山の頂上には行ってみたい」という場合にはロープウェイを使ってみましょう。大人は往復で1080円になっています。

 

金華山ロープウェイ・料金、運営時間

 

山登りは行きは良いもののくだり(帰り)が大変とも聞きます。ロープウェイに乗っている間に綺麗な山並みや自然を感じながら登山気分を味わうこともできます。

 

逆に一番きつい登山道は馬ノ背(うまのせ)登山道になります。登っていくにつれて種類の異なる様々な木々を眺めることができます。行きは頑張れたけれども帰りは疲れてしまった…。そんなときにはロープウェイを使って下山してみましょう。

 

10コースも用意されていますので自分の登山経験やレベルに合わせてハイキングを楽しんでみましょう。

 

追記

女性用のトレッキングウェアについて紹介しています。こちらもお読みください!

トレッキングウェアレディース用でおしゃれな商品はこれだ!季節別に紹介!

 

周辺観光情報

 

金華山の登山もさることながら長期宿泊で楽しむ場合には周辺も観光に困ることはありません。

 

まずは「岐阜城」。岐阜城は金華山の山頂に位置しています。近くには岐阜城資料館もあります。ハイキングのみならずお城も楽しむことができます。

 

岐阜城・岐阜城資料館の詳細ページ

 

また、岐阜城に関しての歴史などを描いてみましたので岐阜城の歴史は?城の造りや場所・アクセスにお土産まで紹介!もお読みください!

 

金華山山頂駅の近くには「リス村」があります。文字通りですが金華山のリスをみることができます。可愛らしいリスをみて癒されましょう。

 

季節のイベントでは長良川の花火大会や鵜飼イベントも開催されています。鵜飼は長良川周辺に「長良川うかいミュージアム」もあり普段は体験できない鵜飼の魅力を楽しめることでしょう。

 

また、金華山のふもとから少し離れていますが「川原町」(かわらまち)も風情のある街並みが続く観光スポットです。レトロな建築物がのき並ぶ日本家屋をみることができます。

 

川原町については十八楼という宿のホームページにわかりやすく紹介されていますので参考にしてみてください。私ものぞいてみましたが、日本家屋、昔ながらのグッズ(うちわ)など風情があると思えました。

 

色々とまとめてみると、登山にお城、金華山のふもとでは風情のある街並み…。現代を忘れられる空間が広がっていますね。非日常を体験したいときには金華山、周辺観光をしてみてはどうでしょうか。

 

追記
岐阜観光についての紹介記事を書きました。合わせてお読みください!

岐阜観光で絶対外せない観光スポットランキング!穴場や絶景・秘境にグルメまで!

 

 

最後に

登山で有名な岐阜の金華山。登山コースは10個も。初心者から上級者まで楽しめるのが金華山。周辺では観光スポットもあり一度は訪れたい場所になりますね。

 

夏であれば自然も映えて、涼しさも感じることができるでしょう。金華山登山に挑戦してみませんか。

 

 

■こちらの記事も読まれています︎

榛名山(群馬)は魅力がたくさん!登山コースとおススメ周辺スポットを紹介!

トレッキングウェアはユニクロで十分?優れもののウェア特集!

京都の紅葉はライトアップを楽しむ!おすすめスポットと観光情報

高尾山の天気や季節に服装を合わせて登山を楽しむ!高尾山登山の服装を解説

ぶどう狩りは山梨で決まり!食べ放題のおすすめ農園のまとめ

梨狩りは東京でもできる?関東地区の梨狩りスポットのまとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 東京ドームで野球を観るには?チケット購入からアクセス・ホテルまで…
  2. 梨狩りは東京でもできる?関東地区の梨狩りスポットのまとめ
  3. 都市対抗野球のチケットを2018年も買ってみた!イープラスで購入…
  4. 山形美術館への行き方は?駅からのアクセスと駐車場情報のまとめ
  5. メガミラに事前登録して特典をゲットしよう!ゲーム内容や情報収集の…
  6. 山形大花火大会!2019年の日程やチケット情報のまとめ
  7. スティックPCとは?最近気になったスティック型パソコンのまとめ
  8. 変なホテル福岡・博多がオープン!次世代型ホテルの内容とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサーリンク
PAGE TOP