生活

敬老の日の文例集!手紙やメッセージカードに役立つ内容のまとめ


スポンサーリンク

敬老の日は毎年9月の第3月曜日。長い間、家族を支えてきたおじいちゃんやおばあちゃんに感謝の気持ちや長寿の気持ちを込めてプレゼントを考えていることでしょう。プレゼントには手紙に気持ちを書いて渡してみませんか?いつまでもあなたの書いた手紙は心に残るはずです。とは言ってもどんなことを書けばいいか思い付かない…。そんなこともあるでしょう。今回は手紙やメッセージカードを書くときの文例を用意しました。ぜひ参考にして、最高の手紙を送ってみましょう

 

 

敬老の日に使いたい言葉

 

敬老の日は年長者、お年寄りの方への敬意を払って、これまでのご苦労や勤めを労う意味もあります。また、これからの長寿、長生きを願う日でもありますね。

 

そう考えると、やはり、定番ですが「ありがとう」や「おめでとう」が敬老の日のはふさわしい言葉ではないでしょうか。それから、これまでのご苦労や家族、社会への貢献を考えて「お疲れ様でした」もいいでしょう。

 

そして、これからも健康で長生きをして欲しい想いを伝えるのであれば「これからも元気で過ごしてください」という言葉も喜んでくれるはずですね。

 

「これまでいつもありがとう、長生きしてね」

 

こんなメッセージは入れておきたいフレーズです。その他は日頃のおじいちゃんやおばあちゃんとの楽しい思い出や心に残っていることを書き出してみると喜びもさらに増すかもしれません。

 

 

 

感謝を表す言葉、これまでのご苦労を労う言葉、思い出話、これからも長生きしてもらいたい気持ち。これらをうまく入れ込んで最高の敬老の日の手紙にしていきましょう。

 

 

手紙を送る場合の注意点

 

手紙やメッセージカードを書いてプレゼントする時にも注意点があります。具体的には敬老の日には使うにふさわしくない言葉です。これは一般常識的に考えてみればわかってくるとは思いますが念のためにまとめておくことにします。

 

まずは、いくら高齢になったとしても「年寄り扱い」はしないことですね。手紙の文面でも「もう〇〇歳なので…」と言った内容は避けておきましょう。

 

普段は冗談のように「歳なんだから…」と話をしているとしても敬老の日には感謝や長寿の言葉を選ぶべきでしょう。それから、使うべきではない言葉は以下のような「死」、「病気」をイメージさせてしまう言葉になります。

 

死、病気、衰え、曲がる、倒れる、枯れる、寝る、切れる…。

 

ネガティブ、否定的な言葉は手紙やメッセージカードには入れてはいません。これは敬老の日にお祝いをするをする場面では当然に不適切ですね。

 

以上の点を気をつければ問題のない手紙、メッセージカードになるはずです。

 

 

おすすめ文例

 

それでは、これまでまとめてきたことをもとに、オススメの文例を紹介します。手紙を送る側も様々でしょう。(孫から、子供から、施設の職員から)パターン別にいくつか文例を紹介することにします。

 

①孫から祖父母へ

 

おじいちゃんやおばあちゃんにとって、「孫」から手紙をもらうことには感慨もひとしお。お孫さんから手紙を贈るには以下のような文例がおすすめです。

 

文例①

おじいちゃんへ(おばあちゃんへ)

いつも、遊んでくれたりお菓子や料理を作ってくれてありがとう。

これからも一緒にびたいです。

体に気をつけて長生きしてください。

 

少し小さいお子さんであればこの文例くらいでもちょうどいいですね。設定としては近くに住んでいる、一緒に住んでいる場合には日頃、お世話になっていることも含めてみましょう。

 

 

文例②

おじいちゃんへ(おばあちゃんへ)

元気で過ごしていますか。

最近は仕事で忙しく、しばらく会えていませんが僕(私)は元気でやっています。

それも毎月送ってくれる美味しいお米や野菜のお陰だと思います。

まだ残暑が厳しいですが、季節の変わり目になります。

健康には気をつけてお元気にお過ごしください。

 

この文例は社会人になって普段は祖父母と離れて暮らしている場合の文例です。敬老の日やその付近に会うことができない場合も想定して、自分の近況やおじいちゃん、おばあちゃんの健康を気遣う内容を入れてみてください。

 

 

文例③(メッセージカード編)

 

「これからも健康に気をつけて元気でお過ごしください 。」
「いつも、気遣ってくれてありがとう。いつまでも元気でいてね。」
「いつも、心配かけてごめんね。これから寒くなるから体には気をつけてね。」
「おじいちゃん、おばあちゃん、いつまでも元気で長生きして下さい。」

 

手紙ではなくてプレゼントにメッセージカードを添えて(そえて)渡すには簡単に一言でも構いませんので「ありがとう」、「これからも元気でいてね」という感謝と長寿を願う言葉を入れましょう。

 

 

 

②子から親へ

 

親からしてみると子供が何歳になっても親は子供を気にかけています。そんな大事な親、両親に対して年に一度の敬老の日くらいは手紙を書いてみるのもいいですね。

 

文例①

敬老の日、おめでとう。

まだまだ元気に頑張って欲しいけれど、体には気をつけてください。
せっかくの機会なので、感謝の気持ちを伝えます。

こちらがいい歳になっても頼りにしています。
そして、いつも困った時相談に乗ってくれてありがとう。

普段口に出して言えないけどすごく感謝しています。
これからもよろしくね。

 

普段同居していると面と向かって感謝の言葉を言う場面は少ないかもしれませんね。敬老の日には想いを手紙にしてみてください。いつもは口に出せない言葉でも手紙やメッセージカードには書くことができます。

 

 

文例②

お父様、お母様

いつも私たちを気にかけてくださりありがとうございます。

まだまだ未熟な私たちですので、お父さんとお母さんから 

教わることも多く、感謝の気持ちしかありません。

そして、私たちの子供の面倒もみてくださりありがとうございます。

おかげで仕事に精一杯励むことができています。

今日はその感謝を込めて手紙をお渡しします。

喜んでいただけたら幸いです。

暑かった夏ももうすぐ終わり涼しい季節になります。 
どうかお体には気をつけて下さい。

これからも宜しくお願い致します。

 

この文例は義理のお父さん、お母さん向けに書く場合になります。実の子供ではないので少しかたい感じにはなりますが参考にしてみてください。メッシージカードになると書けることも限られますので手紙に書くことを個人的にはおすすめします。

 

もし、メッセージカードにする場合には「いつもありがとうございます」、「これからもお体に気をつけてお過ごし下さい」と言ったように目上の方へ対する言い方、言い回しにしましょう。「いつもありがとう」、「体に気をつけてね」と書くと少し敬意に足りない感じもします。(場合によりますので贈る側の判断になるとは思いますが…。)

 

 

 

③介護施設などの職員から利用者へ

 

敬老の日とは言っても介護施設や老人ホームでお過ごしになる方もいます。その場合には職員の方からも利用者へメッセージを贈ってあげてくださいね。

 

文例

敬老の日おめでとうございます。いつも元気で素敵な笑顔に癒され、エネルギーをいただいています。
今日は、感謝の気持ちを込めてお祝い致します。
健康で敬老の日を迎えられ、心よりお喜び申しあげます。
私たちは、いつも皆さんにお話に多くのことを学ばせて頂いております。
これからもお元気で過ごしていただき、どうぞ、よろしくご指導ください。

 

利用者さん一人一人に文面を変えることがあるかもしれません。その場合には日頃の出来事、思い出を少し入れてみてください。もし、皆さんに同じ文面を送る場合には上記を参考にしてください。

 

やはり、目上の方ですので敬語、最大限の気配りをしている文面が望まれますね。

 

 

 

 

こぼれ話

 

敬老の日に関して色々とまとめていますが、ふと、疑問に持ったことが。

 

「何歳から敬老の日を祝うのか」

 

なんとなく60歳になったら還暦だし敬老の日にプレゼントを渡したり、お祝いをしてもいいかな…。

 

そんな風に思っていますが、老人福祉法という法律では「65歳以上」を老人と定めています。考えてみると、年金支給も現在は65歳、定年の年齢も65歳まで引き上げている企業もあったりしますね。

 

それから、世界保健機関(いわゆる、WHO)では65歳以上を「高齢者」と定義しています。65歳以上であれば敬老の日のお祝いをしてもなんら問題なさそうですね。

 

とは言っても、現在の60代の方々は元気でバリバリ働く方もいますし年寄り扱いされて敬老の日をお祝いされるのに嫌悪感がある方も…。何歳からお祝いするかの線引きは難しいこともあると思いますが大事なのは感謝の気持ちを伝えること。

 

「いつもありがとう」

 

その気持ちを手紙やメッセージカードに書いて渡してみましょう。

 

 

おすすめレターセット3選

店頭ではさまざまなレターセットが販売されていますが、レターセットでおすすめの商品を3つ紹介したいと思います。私の独断が入るのでお気に召さない方もいるとおもいますが。ご容赦ください!

 

ドイツ地図のレターセット




私はあまり目にしない一風変わったドイツ地図が描かれているレターセットです。おしゃれなおじいちゃんやおばあちゃんには喜ばれそうですね。

 

和風レターセット




純和風のレターセットなら介護施設の職員さんが入所されている方に向けたお手紙に使ってみてはどうでしょうか。少し堅い感じはしますがムーミン柄の可愛さと全体的な渋さがいいと思いますよ。

 

猫のレターセット




小さいお子さんがおじいちゃん、おばあちゃんに向けて書くには可愛らしくていいレターセットだと思います。猫の絵がほんわかしますよね。

 

 

最後に

敬老の日に手紙を書こうとしている方も多いでしょう。今回は様々なパターンの文例を紹介しました。
大事なことは感謝の気持ちを伝えることです。

さあ、手紙を書きましょう!

 

 

■こちらも読まれています

敬老の日のプレゼントは孫からもらうと喜び倍増!︎人気のプレゼント10選とこぼれ話

敬老の日の花の種類は何がいいの?花の種類・選び方・花言葉のまとめ

敬老の日のメッセージカードは手作りで!︎誰にでもできる作り方

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 敬老の日のメッセージカードは手作りで!誰にでもできる作り方の紹介…
  2. そのヘッドホンで大丈夫?いいヘッドホンを選ぶコツを伝授!
  3. 2019年版のおすすめ手帳!やっぱり筆者は「ジブン手帳」一押し!…
  4. パソコンの目の疲れにおすすめのマッサージ方法やアイテム
  5. サウナに入ってダイエットをしよう!おすすめのサウナの入り方!
  6. タイヤチェーンは早めに準備!これを見れば急な大雪にも対応できる!…
  7. 山形市内のおすすめラーメン店を勝手に選んでみた!どのお店もおすす…
  8. 【2019年夏版】高速道路の渋滞予想を知るには?渋滞の時に気をつ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサーリンク
PAGE TOP