雑感

iPhoneの電池の減りが早すぎる!困っている人は必見!バッテーリを長持ちさせる方法

iPhone 電池 減り

私ごとですが、iPhone7を所有していた時期がありましす。

当時、最新のiOSにアップデートできるとの通知から「iOS11.2.2」へとアップロードしました。

アップロード後に、バッテリーの減りが速くなる不具合を経験しています。

その時の状況と、対応策を紹介します。

更新後の不具合

無事にiOS11.2.2へと更新が終わり、いつものように使っていたのですが、ある異変に気づきました。

「電池の減りが早い…」

これって多くの人にとって重要なことですよね?

まあ、私は普段からそんなに酷使しないので寝る前に充電すれば、翌日は十分に使える電池の減り方をします。下手すれば1日で10%も減らないのですが…。

それが、アップデート後はとんでもなくバッテリーの減りが早いのです。

小一時間で10%も減る感じです。もしかしたら、そのような状況になっている方もいるのではないでしょうか。

iOS11.2.2にアップデートしてから、電池の減りが早いのは私だけではないようですね。

バッテリー消耗を軽減する対策

iOSを更新してからバッテリーの減りが早くなった私は、ふと思いました。

「ダウングレードして問題解決できないかな。」

そう思って、色々と調べを進めたのですができることはできるようですね。

ただ、不安な点は結局のところしっかりとダウングレードできるかってところなんですよ。

うまく説明している人のサイトを読んでも、結局のところ「自己責任でお願いします。」の断り書きがあったり…。

もちろん、アップルのホームページでも検索してみましたがダウングレード関連の説明はなし。ですので、私はこう判断しました。

「問題解決がなされるまで、バッテリー消耗を抑える設定をしていこう。」

では、本題ですが電池の消耗を抑える方法はいくつかあります。

これまでと同様の使い方をしたいときは、少々不便さを感じるかもしれません。

対策の一環として、お試しくださいね。

画面の明るさ

まずは画面の明るさで「明るさの自動調節」をオフにしてみましょう。

これは、思っているよりも効果があって、バッテリーの消耗を防いでくれますよ。

設定方法は「設定」アプリをタップ。

そこから「一般」、「アクセシビリティ」、「ディスプレイ調節」まで進んだら「明るさの自動調節」をオフ設定にします。

薄緑のバーになっているとオン状態ですので、白にしましょう。

位置情報

位置情報はその名の通り、あなたの位置を把握して、いろんなところに活かします。

もちろん、マップアプリが使いやすくなります。

その他、iPhoneを紛失したときに、「iPhoneを探す」で居場所を突き止めることができます。

それから、スマホゲームをする人であれば、位置情報とリンクさせたゲームを楽しむことも可能です。

デメリットは位置情報を取得するために、電池の消費が進みます。

バッテリーの減りが早いと感じたときは、一旦、位置情報の設定をオフにしましょう。

設定方法は「設定」アプリをタップして、「プライバシー」、「位置情報サービス」と進みオフにしましょう。

ここまでの2つの設定をオフにすると、消耗の激しさはある程度、回避できるでしょう。

音量

電池の消耗を防ぐには、音量を出来るだけ小さくしてみましょう。

音量最大と最小では30%も電池消費量が違う場合もあります。

Night Shift

Night Shiftとはブルーライトを軽減してくれる設定です。

これをオンにしていると、かなりの電池消耗に繋がります。

確実にオフにしておきましょうね。

「設定」アプリ、「画面の表示と明るさ」、「Night Shift」の設定をオフに変えます。

さらに、もっと電池の消費を抑えたいときは「省電力モード」を「オン」にしましょう。

アプリのバックグラウンドでの更新、メールの自動受信などがオフになります。

「設定」アプリから「バッテリー」に進んで、「低電力モード」をオフにして設定完了ですよ。

ここまでの対策で電池の減りが改善しないならば、バッテリーそのものの寿命を伸ばしたり、場合によってはバッテリーの交換も考えたりしたほうがいいですね。

その方法について紹介した記事もあります。

iPhoneのバッテリー交換は無料?パフォーマンスはどう変わる?

そもそもなぜ、バッテリーの減りが早くなったのか

一般的に、ソフトウェアのアップロードがあれば性能が高まります。

しかし、その当時、アップグレードしたにも関わらず、電池の消耗という不具合が生じました。

いろんな情報を集めてみると、iPhoneでインターネット検索する時に「Safari(サファリ)」というブラウザが影響している可能性も。

そのサファリのセキュリティを上げたために生じた不具合が生じた。

そのような見解もあります。

1つ前のiOS11.2.1から更新されて今回の「11.2.2」になったのですが、セキュリティ強化の変更が多くなり、バッテリーの消費も増えた可能性もあげられています。

とりあえず、設定を変えて対策をとろう

iOS11.2.2にアップデートして、電池の減りが気になっている人は多いでしょう。

バッテリーの減りの速さを抑えるには、記事で紹介した対策をとってみましょう。

■こちらも読まれています
iPhone(アイフォーン)を修理に出す流れと修理して分かったこと

iPhoneのバッテリー交換は無料?パフォーマンスはどう変わる?

iPhoneを紛失した時の対処方法は?日頃からバックアップはとておいたほうがいい?

iPhoneおすすめアプリ10選!スキマ時間や暇つぶしに最適!

スマホ老眼のおすすめグッズ3選!100円アイテムでで対策は万全?

iPhone(アイフォーン)のモバイルバッテリーでおすすめ5選!上手な選び方も紹介!

【au】アップグレードプログラムの使い方とは?実際に利用し分かったメリット・デメリット

■スマホでの通信関連についての記事も書いています

5Gって一体何?これからの通信はどうなっていくのか

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. 落合博満の究極の理想に驚愕!野球ファン以外でもためになる書籍の紹…
  2. オンライン英会話 教室英会話 オンライン英会話スクールと教室英会話はどちらがいいのか?それぞれ…
  3. アマゾン プライム会員 Amazonプライム会員の会費を損しない使い方|特典内容から検証…
  4. 保釈保証金 保釈保証金をわかりやすく解説|過去に没収された事例もあった
  5. 阪神甲子園球場 クライマックスシリーズ(CS)で「雨天中止」の試合があった場合の…
  6. マッチングアプリ 恋活と婚活って違うの?街コンなど混同しやすい用語を調べてみた!
  7. ドラフト会議  2018年のプロ野球ドラフト会議は10月25日!これまでのハプニ…
  8. ブロ野球交流戦 交流戦は2勝1敗ペースで勝つと日本一への確率が高まる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 2月 13日

PAGE TOP