趣味・娯楽

芋煮会といえば山形!芋煮に基礎知識や楽しみ方まで大公開!


スポンサーリンク

早くも今年も9月になりました。日増しに涼しくなってきています。これから秋がどんどん深まっていきますね。私が住んでいる山形で秋の楽しみは「芋煮」(いもに)があります。夏はバーベキュー(BBQ)、秋は芋煮を河川敷などで行うのが山形の定番です。今回は山形の芋煮について紹介していきたいと思いま。

 

 

そもそも芋煮とは

 

芋煮と聞いて、特に関西や九州の方々はピンとこないでしょう。全国で芋煮という文化があるのは私が住んでいる山形、東北、関東の一部でしか楽しまれていないようです。

 

ざっくりとどういった料理なのかを説明すると里芋(サトイモ)、ねぎ、豚肉、こんにゃくなどを入れて醤油ベースで作られるお吸い物です。どういった料理かをもっと具体的に知りたいときには以下の作り方を参考にしてみてください。ちなみに、サトイモって葉っぱが特徴的ですよ。

 

いも煮・レシピ

 

山形の家庭では秋になると食卓に芋煮が出てくることもあります。我が家でも大きな鍋に作られて二日ぐらいかけて食べたりしますよ(笑)

 

 

 

芋煮は山形の有名なフードになるのですが、みなさんにお伝えするため改めて調べ直してみるとかなり、歴史のある料理です。

 

山形県の村山地方では、江戸時代の芋煮会の様子をあらわす話がいくつか伝わっている。

中山町長崎では、元禄時代(17世紀後半から18世紀)以前から棒鱈と里芋を鍋で煮て食べたときに用いたとされる「鍋掛の松」が大正時代まで残っていたとされる。当時の中山町長崎は酒田港と結ぶ最上川舟運の船着場となっており、連絡に待ちくたびれた船頭たちが積荷を使った鍋をしていたという。

文化文政時代(19世紀初頭)には、山形に移り住んだ近江商人たちが、京都の芋棒に思いを馳せながら、ニシンと里芋を煮て紅花取引の慰労会をしたという。

また、1845年(弘化2年)には、山形藩藩主の秋元志朝が、館林藩に転封されるときに芋煮の野宴を張ったとされる。

(引用:ウィキペディア

 

私が住んでいるのも山形県の村山地方(山形市)ですが、江戸時代に芋煮を楽しんでいるという事実は知りませんでした。歴史が深いことから芋煮が山形に定着したのでしょう。

 

山形県では県内各地で芋煮は当たり前に知られていますが、近隣では宮城や秋田、福島、新潟、関東の一部でも広がりがあるようですね。全国でも芋煮を好きな方が多いのか面白いページもあります。(最近はあまり更新されていないのかな…)

 

芋煮の知名度が上がっていきているせいか、最近ではカップ麺も登場していますよ。私も食べたことがありますが結構、美味しいんです。

 

 

東北限定 「 どん兵衛 芋煮うどん 」【12個(箱入)】どんべえ 芋煮 いも煮 いもに うどん ご当地 カップラーメン カップ麺 山形 秋 郷土料理 コラボレーション 東北 限定 山形 お土産 おみやげ お取り寄せ 特産品 名産品 グルメ

価格:2,328円
(2017/9/9 01:49時点)
感想(7件)

山形では同じ県内でも地域によってテイストが違う芋煮になるのが面白いところです。次のテーマをご覧ください。

 

 

地域で違う芋煮の味

 

同じ芋煮とはいっても具材やベースが違うのも地域性があって楽しみが違います。

 

オーソドックス(定番)と言えるのは肉が牛肉で醤油ベース。これは山形県内では内陸部で私の住む村山地方や最上(もがみ)地方置賜(おきたま)地方でよくみられる芋煮です。

 

しかし、日本海に面する庄内(しょうない)地方では豚肉、味噌ベースが主流になっています。どんなものかイメージしたい方はこちらを参考にしてください。

 

山形ではあまり挑戦する人やご家庭は少ないかもしれませんが、寄せ鍋風に作る地域もあるようですね。肉の代わりの魚を入れて、魚介系をふんだんに入れる地域も。(宮城や岩手の三陸海岸の地域)

 

一口で「芋煮」とはいっても様々な作り方があるのは楽しみの一つです。ぜひ、ご家庭で挑戦してみましょう。

 

 

山形の一大イベント

 

山形では毎年、9月に「日本一の芋煮会フェスティバル」と題して直径6mほどの大鍋に芋煮を作り、訪れた人に振る舞われます。

 

今年、2017年は9月17日の日曜日に開催されます。場所は毎年変わらず馬見ヶ崎(まみがさき)河川敷。1989年からずっと開催されていて、山形県内はもとより他県からも参加者がいるようですね。

 

数年前までは9月の第一日曜日に開催されていましたが残暑が厳しいことも考慮されて9月の中旬に開催日となりました。例年、20万人ほどの来場者がいるとのこと。芋煮以外にも、いわゆるB級グルメの屋台が軒を連ねますので様々な味覚を楽しむことができます。

 

ちょうど、3連休の真ん中。近隣に観光で訪れる時には以下の記事も参考にしてくださいね。

蔵王温泉日帰りプランまるわかり‼︎観光スポットやアクセスの総まとめ‼︎

かみのやま温泉の人気宿ランキング‼︎周辺のおすすめスポットやグルメも大公開

 

 

芋煮の楽しみ方

 

芋煮は家庭でも美味しく食べることができます。しかし、山形やそのほかの芋煮の文化がある地域でも「芋煮会」をします。

 

芋煮会とは大学のサークルや職場の同僚、友人や家族みんなで…。とにかく大人数で芋煮の鍋を囲んで楽しむことです。一種のコミュニケージョンや交流でしょうかね。山形の人々は河川敷で芋煮会を行います。

 

先ほど紹介した馬見ヶ崎河川敷は山形では一番有名な芋煮会スポット。週末や連休となると芋煮会を楽しむ人々で溢れています。ちなみに私も何度か行いましたが結構人気ね場所です。

 

秋になったとはいえバーベキューと共に楽しんでいる場合も多く、テンションの上がる集まりになりますよ。芋煮会の文化が定着していない地域の方々には勇気のいるイベントかもしれませんが…。一般的にですが芋煮会は9月、10月の中旬くらいまで楽しめますね。

 

河川敷やアウトドア施設の利用の際にはルールやマナーをくれぐれも守りましょう。

 

バーベキューについては以下も参考にしてみてください。

BBQセットをそろえる時に失敗しないコツを伝授!!コンロ選びから必要なものまで解説

 

 

最後に

 

さて、食欲の秋を代表するのが山形では芋煮、芋煮会。馴染みのない地域の方も一度食べてみましょう。新たな食の発見があるかもしれませんよ。

 

 

 

 

■こちらの記事も読まれています

山形市内のおすすめラーメン店を勝手に選んでみた!どのお店もおすすめ!

山形の銀山温泉へのアクセスは?おすすめ宿と観光・グルメのまとめ

銀山温泉のおすすめ観光は?厳選した3つの紹介!これだけは必ず行ってみよう!

蔵王温泉日帰りプランまるわかり!観光スポットやアクセスの総まとめ!

かみのやま温泉の人気宿ランキング!周辺のおすすめスポットやグルメも大公開

山形美術館への行き方は?駅からのアクセスと駐車場情報のまとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. お得情報!Amazon(アマゾン)のAudibleに無料登録でポ…
  2. トレッキングウェアレディース用でおしゃれな商品はこれだ!季節別に…
  3. 高尾山の天気や季節に服装を合わせて登山を楽しむ!高尾山登山の服装…
  4. トレッキングウェアはユニクロで十分?優れもののウェア特集!
  5. ビデオカメラおすすめ3選!安くて使いやすい機種でバッチリ撮影!
  6. プログラミングって何?小学生向けのプログラミング教室の紹介
  7. 山形と東京のおすすめ移動方法は?私の体験からおトクな方法を伝授!…
  8. 金華山(岐阜)の登山コースは初心者用もあり!金華山の魅力やコース…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサーリンク
PAGE TOP