雑感

これから身につけるべきスキルとは?習得方法と時間術

これから身につけるべきスキル

テクノロジーの進化で、今後、不要な職業が予想されています。

今まで花形の職業として憧れていた仕事も、近い将来、なくなるかもしれません。今、就いている仕事も不要になる可能性もあります。

そこで、この記事ではこれから身につけるべきスキルや習得方法を中心にお伝えします。ぜひ、今後のステップアップなどに活用してください。

これからの世界

これからの世界

はじめに、これからどのような世の中、世界になっていくのか紹介します。

冒頭でテクノロジーの進化ということに触れましたが、なかでも人工知能(AI)が活躍していくでしょう。

人口知能は非常に優秀で、すでに以下のことに使われています。

・スマートフォンのアシスト機能(Siriなど)
・お掃除ロボット(ルンバなど)
・様々な分野のデータ分析(スポーツ界など)
・小売業での在庫管理(スパーなど)
・コミュニケーションロボット(ペッパーなど)

上記はAI活用のほんの一部にしかすぎず、これからは実用例もどんどん増えていくでしょう。マシンラーニング(機械学習)やディープラーニング(深層学習)により、人間の頭脳よりも効率的な思考や作業が可能になってきます。

そのおかげで、現在、人間が行っている仕事も人工知能を搭載したマシンやロボットのほうが生産効率があがることも考えられます。士業や受付職員、各種オペレーター(機械操縦者など)などの仕事を奪うかもしれません。

2014年にオックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン氏が発表した論文では、人間が必要なくなる未来を予測しています。原文は英語ですが、参考までに資料を掲載しておきます。

参考:THE FUTURE OF EMPLOYMENT

ここまでの内容から、AIなどのテクノロジーの進化によって私たち人間が稼げなくなる可能性も高いです。

では、どのような人物がこれからの時代を生き抜いていけるのでしょうか。次のテーマで取り上げます。

これから身につけるべきスキル・重宝される人材

変化の激しい時代を生き抜くには、これまでの考え方やスキル、知識だけでは厳しいでしょう。私、個人的な考え方でもありますが、まずは変化に対応していくことが大事だと思います。

その理由から説明していきます。

スキルを身に着ける前に大事なこと

様々なテクノロジーが日々、進化していくと私たちの日常生活も変化してきます。

たとえば、携帯電話。ショルダーフォンと呼ばれ、肩掛けカバン(ショルダーバッグ)のように持ち運ぶものから、今では多機能なスマートフォン(スマホ)に進化しています。

スマートフォンでできることは非常に幅広いです。生活を便利にしているのは間違いないでしょう。

これからはそれらの進化も速くなると考えられます。そのときに、変化に対応してくことが大事です。

ここでも、具体例をあげます。キャッシュレス決済が日本でも普及しています。現金を持ち歩くことなく、会計をスムーズにできることが特徴です。

キャッシュレス決済の普及率が高い中国では、2015年でキャッシュレス決済比率が60%となっています。韓国は89.1%で世界トップです。一方で日本のキャッシュレス決済比率は、2017年で21.3%です。

2015年時点の数字ですが、韓国、中国、カナダ、イギリス、オーストラリア、などはキャッシュレス決済比率が50%を超えています。アメリカも45%です。

日本でまだまだキャッシュレス決済が広がらないのは、治安のよさや店舗の導入コスト面などもあるでしょう。

しかし「キャッシュレス決済がよくわからない」「どうやって使うのか理解できない」という人もいるのではないでしょうか。実際に、私と同世代の30代でもそのような人がいます。

または、キャッシュレス決済のメリットを感じない人もいるでしょう。

私は、先進国と呼ばれる国々でキャッシュレス決済が進んでいる現状を知ること。また、キャッシュレス決済のメリットや魅力、注意点を考えることが大事だと思います。

世の中が変化していることに気づかずにいたらどうなるでしょうか。

時代に取り残されてしまい、不便な生活をしいられるかもしれません。

キャッシュレス決済については、一般社団法人キャッシュレス推進協議会が「キャッシュレスロードマップ2019」を発表しています。

簡潔にいうと、キャッシュレスが当たり前になる社会を目指していることがわかります。また、政府も2025年までにキャッシュレス決済比率を40%にする目標を掲げています。

そのような流れのなかで、「キャッシュレス決済はわからない」といっていては生活に支障が出るでしょう。新しい物事、テクノロジーなどには敏感になったほうがいいです。

そこから、「どんなスキルや知識が必要なのだろう」と考えてみてください。

参考:キャッシュレス社会への取り組み|経済産業省
参考:キャッシュレスロードマップ 2019《要約版》|一般社団法人キャッシュレス推進協議会
参考:キャッシュレス・ビジョン

これから身につけるべきスキル

ここからは、この記事のメインテーマでもある、これから身につけるべきスキルです。私が考えるものでは、以下があります。

・プログラミングスキル
・デザインスキル
・IT関係のスキル
・マーケティングスキル
・より高度なコミュニケーション能力

再三、話題に出しているAIなどのテクノロジーは、開発者がいます。それらを開発しているのは、エンジニアと呼ばれる職種の人たちです。

エンジニアになるには、プログラミングスキルが必要です。プログラミングには様々な言語があります。なかでも、Python(パイソン)やRuby(ルビー)といった言語はスマホやパソコンなどのアプリを開発するWEB系です。

プログラミングを始めたい人は、開発系の言語を操(あやつ)れるように取り組むといいでしょう。

デザインスキルは、ホームページやブログ、名刺やロゴマーク、バナー広告など幅広く仕事が受注できるのでおすすめです。Photoshop(フォトショップ)やIllustator(イラストレーター)などを使って、デザインができるようなスキルは重宝されます。

また、ひとまとめにIT関係のスキルと書きましたが、具体的なものは以下になります。

・ライティングスキル
・動画制作スキル
・SEOの知識
・SNS集客

これらのスキルがあると、個人でもブログやYouTubeなどで稼ぐことが可能になります。マーケティングスキルが備わると、副業でも満足いく収入を得られるでしょう。

マーケティングは、「売れる仕組み」をつくることです。「何を」「誰に」「どのように届けるか」を考えます。たとえば、ブログなら「この記事を」「こんな悩みのある人に届けたい」と考えるといいでしょう。

そこに、SNSを使って宣伝することで集客につながります。プログラミングやデザインのスキルを身につけたら、ブログやSNSで発信することで案件の受注につながる可能性もあります。

SNSやブログでの発信は、読者にわかりやすく端的に伝えることがポイントです。わかりやすく伝えるには、コミュニケーション能力も大事になります。

コミュニケーション能力は、実際に人と面と向かっているときだけではないと思います。文章や動画でうまく伝えられれば、売り上げなどにつながります。

ここまで取り上げたスキルを身につけるには「学ぶ力」「行動力」がポイントです。私は特に「行動力」が重要だと考えています。

新しいことを始めるときは、不安もあります。しかし、「とりあえずやってみよう」という気持ちが大事です。それで自分に合わなければ別のものに挑戦すればいいだけではないでしょうか。

行動力をつけて、「いろいろと勉強していこう」という学ぶ力がこれからは必要です。会社員でもフリーランスでも、個人事業主でも前向きに挑戦していくことを意識しましょう。

重宝される人物

時代の変化とともに、企業が従業員に求めることも変わってきます。

大手転職サイトのdodaの企業が求める人物像とは?を参考にすると、企業が求める人物像がわかります。

もっとも多いのが「積極性」、以下、「柔軟性」「外向性」となっています。

与えられた仕事だけではなく会社やプロジェクトチームの目標達成に何をすべきか、自ら考えて行動することが積極性です。変化に柔軟な対応ができるのが柔軟性。視点を外に向けて、新たな市場(マーケット)やビジネスを探れる人が外向性。

会社員として働いている場合は、それらの要素に着目してスキルアップや勉強を続けてみましょう。

スキルの習得方法

ここでは、スキルの習得法を説明します。一部、私の経験も踏まえてお伝えしていきます。

スキルを身につけるには、独学か専門学校、通信講座などスクールを活用することが一般的です。最近では、スマートフォンアプリでも身につけられる知識があります。

個人的な意見ですが、先に取り上げたプログラミングスキル、デザインスキルなど多くのスキルは独学でも習得できると考えています。

一昔前なら有料級の情報でも、インターネット上には無料で転がっています。勉強の仕方や無料で使えるツールなども丁寧に紹介されています。

例えば、プログラミングの独学については大手企業のDMMさんの記事も参考になりますよ。

参考:プログラミングの独学は成功できる!【学習すべき言語も紹介】

それから、プログラミングだけに限らずオンラインスクールも豊富にあります。学習ペースは自己管理になりますが、完全に独学ではないので、効果的なスキルの習得につながります。

私は、IT関係のスキルを学習してきましたが、ほとんど独学です。このブログを運営するにあたり、指導を受けている人はいますがブログの始め方、設定などの細かなところは自分で学習しています。

勉強の仕方は、インターネット上のサイトや書籍、YouTubeなどの活用です。「ブログ 始め方」などと検索すれば、丁寧に解説しているサイトや動画がヒットしますよ。

独学にしろスクール利用にしろ、メリットやデメリットがあります。

独学…費用はそこまでかからないが、自分で理解する必要があるためズキル習得には時間がかかる
スクール…効率的な学習はできるが、費用がかかる

ざっくりとしたメリットとデメリットは上記になります。

何事もそうですが、スキル習得も「時間」と「お金」がどれだけ確保できるか、確認が必要です。

・どんなスキルを身につけたいか
・費用はどれくらい用意できるか
・日常生活(仕事や学校)からどれだけの時間を確保できるか

以上を振り返ってみてください。そして、時間とお金が許す範囲で独学にするかスクールを選ぶかを決めます。

スキルを身につけるための時間術

特に社会人の方は、「仕事が忙しくて、時間がない」と嘆きます。仕方ないことですが、そればかりを言っていてはスキルの習得もできません。

そこで、おすすめしたいのは、日ごろの生活時間を振り返ることです。

・起床時刻
・朝食時刻
・通勤時刻
・移動時間
・始業時刻
・昼食時刻
・終業時刻
・移動時間
・夕食時刻
・入浴時刻

以上はどのような社会人でも容易に振り返ることができるでしょう。

そのなかで「スキル習得に使える時間」を見つけていくのです。特に、帰宅後の時間と通勤時間は自由に使える時間が豊富になります。また、起床時刻を調整すれば、自分の時間が確保できるでしょう。

学生時代から「勉強の計画を立てよう」などといわれてきていますが、大人になっても大切なことですね。ちなみに、以下の書籍は時間について興味深く書いてありますよ。

成功者の自分の時間研究

成功者の自分の時間研究

上野 光夫
1,520円(07/14 19:45時点)
発売日: 2017/06/27
Amazonの情報を掲載しています

新しいことを始めるには、時間が必要

これはいろんな人が語っていると思いますが、「新しいことを始めるには、時間が必要」です。

社会人で残業が多くて…

という方は、残念ながらスキルの習得には向いていないでしょう。今の生活でいっぱいいっぱいになっていては、スキル習得どころの話ではありません。

先々を考えたキャリアプランを検討し、転職も視野に入れる必要があるかもしません。「時間」がないと、なにもできません。転職や就職なら、エージェントの活用もいいでしょう。

20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20’s!!(愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀在住者)


Aidem Smart Agent(東京・神奈川・千葉・埼玉勤務希望者)

スキルを身につけていこう

変化の激しい時代となり、それに対応できる人材になることは重要です。私も日々、勉強しながら過ごしています。ぜひ、今後も必要なスキルを身につけてください。

■こちらの記事も読まれています
【在宅副業で5万円稼ぐ】安全な仕事の選び方とおすすめの副業

公益財団法人と公務員の違いは?就職したときのメリット・デメリットも比較

お正月の暇つぶしの準備をしよう!年末年始の過ごし方を紹介

公益財団法人への就職は難しい?知らないと損する求人選びのコツを紹介!

公益財団法人の給料口コミから平均年収を比較!トヨタと比べたら…

公益財団法人は給料がいい?年収や採用情報・組織情報まで調べてみた!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. プロ野球開幕 いよいよ開幕のプロ野球!私の注目はセリーグ最下位の中日の巻き返し…
  2. オンライン英会話 教室英会話 オンライン英会話スクールと教室英会話はどちらがいいのか?それぞれ…
  3. プロ野球成績 筒香嘉智VS山田哲人!!打撃タイトルをハイレベルで争う今季の二人…
  4. FA移籍 人的補償でDeNAに移籍の平良がプロ初勝利!FA移籍選手と人的補…
  5. DA PUMP DA PUMPが16年ぶりに紅白歌合戦に出場!懐かしくカッコイイ…
  6. いよいよエンジンがかかった?ラッキーボーイ小林は巨人のCS争いの…
  7. 公益財団法人への就職は難しい?知らないと損する求人選びのコツを紹…
  8. プロ野球の楽しみ方 【2020年版】もうすぐゴールデンウィーク!プロ野球観戦とイベン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP