働き方

フリーランスライターとは?なるにはどうしたらいい?仕事内容も解説!

フリーランスライターとは

フリーランスライターに興味を持っている方はいないでしょうか。

本記事では、フリーランスライターの概要、仕事内容、なるにはどうしたらいいか、仕事の獲得方法をご説明します。

これからフリーランスライターに挑戦したい方は、ぜひ参考にしてください。

フリーランスライターとは?

フリーランスライターとは2

はじめにフリーランスライターについて概要をご説明します。

フリーランスライターとは、WEBメディアや雑誌などに記事を書く人のことです。

場合によっては書籍の発行を行う場合も考えられます。

特にWEBライターであれば、取り組みやすくフリーランスライターとして活動している方もいます。

しかし、出版業界や広告業界でフリーランスライターとして活動するならば、専門的な知識や高いスキルが必要です。

フリーランスライターの仕事内容は業界により異なる

ここからはフリーランスライターの仕事内容をご説明します。

フリーランスライターの仕事内容は、業界により異なります。

WEB業界

WEB業界のフリーランスライターは、インターネット上に存在するWEBサイトの記事を執筆します。

WEBサイトは企業、個人問わず、持つような時代になり、フリーランスライターの需要は一定程度あります。

WEBサイトへの記事の出稿を行う場合、WEBライターと呼ぶこともあり、私も日々、WEBライターとして活動しています。

WEB業界のライターは、単に記事を作成するだけではなく、検索されたときに上位表示されるように取り組むことが大事です。

そのような取り組みをSEO対策と呼び、SEOの知識はWEBライターに求められる能力となります。

SEOに関する取り組みのほか、場合により画像加工やWordPressへなど入稿システムへの投入もWEB関連のライターが取り組むことになります。

それから、インタビュー記事や取材記事の作成を担当することもあります。

出版業界

出版業界の仕事内容は、雑誌や書籍といった紙媒体への執筆です。

出版業界のフリーランスライターとして働くには、特定の分野に高度で専門的な知識が必要です。

仕事ではテーマに対する取材や調査を行うこともあり、その内容からわかりやすい文章にすることが求められます。

広告業界

広告業界のフリーランスライターの仕事は、広告記事の作成やキャッチコピーなどの作成です。

たとえば、商品の良さを一言で消費者に伝えて、購買行動につなげるなどを行います。

限られた文字数で訴えかける内容を考えることが必要であるため、コピーライティングのスキルが求められます。

フリーランスライターになるには?

ここからはフリーランスライターになる方法をご説明します。

WEBライターならばすぐにでもなれる

WEBライターを中心としたフリーランスライターであれば、すぐにでも活動ができます。

これは私自身の体験も含まれています。

私は会社員時代に副業としてWEBライターとして活動して、その後にフリーランスライターとなりました。

ただし、フリーランスという定義は副業の場合でも利用できるものです。

ですから、本業の傍(かたわら)でWEBライターに取り組めば、「副業」フリーランスライターと呼べるわけです。

後述しますが、WEBライターならば副業でスタートするハードルも低く、フリーランスライターになることは簡単なのです。

なお、副業でWEBライターを検討しているならば、以下の記事も合わせてご覧ください。

【月5万は稼げます】副業WEBライターのメリットやデメリットは?始め方も解説!
副業ライターは未経験でもできる?仕事内容についてわかりやすく解説!
副業WEBライターの月収は?月40万円稼ぐ私の経験を紹介!

出版業界のライターになるには専門知識をつける

前述のとおり、出版業界におけるライターの仕事は紙媒体への執筆です。

WEBメディアに比べて紙媒体への執筆は専門性や権威性、信頼性が大切になります。

そのため、幅広いジャンルの知識というよりは特定の分野について深い知識が必要です。

まずは出版社や編集プロダクションで勤務して経験や知識を積むなどが有効となります。

その後、独立してフリーランスライターになるといいでしょう。

広告業界のライターになるには文章能力をより身につける

広告業界のライターになるには、文章力を追求することがポイントです。

商品やサービスが売れるようなキャッチコピーを考えたり、商品の魅力がわかるようなライティングを身につけたりする必要があります。

ランディングページ(LP)の作成ならば、セールスライティングについても勉強することが必要でしょう。

短い文章量でいかに印象に残せるか、それが広告業界のライターにとって重要なポイントです。

未経験の場合、WEBライターからスタートして実績を積んでから広告業界に飛び込んでみてもいいでしょう。

フリーランスライターの仕事獲得方法

ここからは、フリーランスライターとしての仕事の獲得方法をご説明します。

出版社や編集社に所属する

出版社や編集者へ所属することは、フリーランスライターの仕事の獲得方法とは多少異なります。

ここでの意味は出版社や編集者に所属して、収入を安定させながら経験を積むことです。

特に前項で取り上げた紙媒体を中心としたフリーランスライターになるために、出版社や編集者での経験は貴重なものになります。

そこで経験を積むとフリーランスとなっても仕事の受注がしやすいです。

ときにはWEBメディアに関しての業務を担当することもあると思います。

SEOやWEBライティングに関する知識も身につくため、出版社や編集者に所属することは独立までの経験が積み上がります。

クラウドソーシングの活用

すぐにでもライターとして活動したいならば、クラウドソーシングの活用がおすすめです。

クラウドソーシングでは、ライターの案件が豊富に募集されています。

試筆ジャンルもさまざまですので、まずはクラウドソーシングやランサーズなどに登録して案件に応募してみましょう。

しかし、クラウドソーシングで募集されている案件には、ライターを安く買い叩こうとするものもあります。

しっかりと見極めていかないと、スキルが身につかないだけではなく、満足のいく報酬を得ることも難しいです。

クラウドソーシングを活用した案件探しについて、私自身の体験をもとに有料noteにまとめています。

500円になりますが、案件受注ができればすぐにもとは取れるかと思います。

ぜひ、読んでみてください。

【誰も教えてくれない】クラウドソーシングで良質な案件を見極める方法【ライター編】

私はクラウドワークスの利用からフリーランスライターになった!

私がフリーランスライターですが、もともと会社員をしながらクラウドワークスを利用した副業をしていました。

副業を続けていくなかで、独立できる水準まで収入がアップしたためフリーランスになっています。

WEBメディアを取り巻く環境はGoogleの検索エンジンのアップデートなどに影響されることもあり、記事に対する評価も一時期に比べて厳しくなっています。

そのような背景からクラウドソーシングで仕事をだす企業や個人も、応募者を厳選して採用することが増えています。

テストライティングがあったり過去の実績を提示させたり、特に未経験者にとって高いハードルといえます。

しかしながら、未経験者であってもライティングに関して勉強を重ねて真剣に取り組めば、フリーランスとして活動できるレベルになります。

実際のところ、継続して取り組める人が少ないので、真剣に取り組める人は生き残れると感じています。

実力に自信がついたら企業やWEBメディアに直接応募する

クラウドソーシングで実績やスキルに自信がついてきたら、企業やWEBメディアに直接応募してみましょう。

たとえば、「ライター 募集」などと検索してヒットしたページを確認していくと、WEBメディアのライター案件に直接応募が可能です。

直接応募のメリットは、クラウドソーシングのように報酬から手数料が引かれないことです。

クラウドソーシングではプラットフォーム運営会社がユーザーから手数料を差し引きます。

手数料の割合は報酬額の15〜20%となっており、仮に1万円の報酬だとしても8000円〜8500円の手取り報酬になるわけです。

この手数料の控除はできるだけ避けたいところですので、クラウドソーシングだけではなく直接契約も増やしていきましょう。

フリーランスライターに挑戦してみよう

フリーランスライターは本業でも副業でも挑戦できます。

特にWEBメディア(WEB業界)であれば、比較的簡単に活動することが可能です。

クラウドソーシングを活用して経験や実績を積んで、直接契約を勝ち取れば収入もアップするでしょう。

専門知識があるならば、出版業界との取引にもチャレンジしてみましょう。

この記事を参考にフリーランスライターに挑戦してみませんか。

■こちらの記事も読まれています。
副業ライターは未経験でもできる?仕事内容についてわかりやすく解説!

副業WEBライターの月収は?月40万円稼ぐ私の経験を紹介!

【月5万は稼げます】副業WEBライターのメリットやデメリットは?始め方も解説!

【在宅副業で5万円稼ぐ】安全な仕事の選び方とおすすめの副業

これから身につけるべきスキルとは?習得方法と時間術

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. 公益財団法人への就職は難しい?知らないと損する求人選びのコツを紹…
  2. おすすめ 転職エージェント おすすめの転職エージェント&転職サイト7選|自分にあったものを選…
  3. デスクトップパソコン WEBライター用 副業WEBライターの月収は?月40万円稼ぐ私の経験を紹介!
  4. 公益財団法人 公務員 違い 公益財団法人と公務員の違いは?就職したときのメリット・デメリット…
  5. 【在宅副業で5万円稼ぐ】安全な仕事の選び方とおすすめの副業
  6. 教室 黒板 学習塾の仕事内容とは?収入や将来性など私が10年経験した全てを公…
  7. 転職 低学歴 低学歴でも転職に成功する方法|エージェントの利用や面接対策まで
  8. 学歴フィルター-どこまで 【就活者必読】学歴フィルターはどこまで?新卒や中途の学歴差別の実…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP