中日ドラゴンズの期待の選手のひとりである根尾昂(ねおあきら)選手。

高校生時代は、甲子園に幾度も出場して記憶に残っている方もいるのではないでしょうか。

そんな根尾昂選手について、これまでの歩みをまとめてみました。

「根尾昂選手の理解を深めたい!」

とお考えの場合は、ぜひ参考にしてください。

根尾昂選手の基本情報

根尾昂選手の基本情報は下表をご覧ください。

氏名 根尾昂(ねおあきら)
生年月日 2000年4月19日
出身地 岐阜県飛騨市
身長・体重 177cm・84kg
ポジション 投手
ドラフト 2018年ドラフト1位
経歴 大阪桐蔭高校

根尾昂選手の幼少期から中学生まで

根尾昂選手は、岐阜県飛騨市に3人兄弟の末っ子として誕生します。

すでにご存じの方も多いと思いますが、ご両親は地元で医師として活躍されています。

そのような家系もあってか、根尾さん自身も中学当時はオール5の成績。

さらには生徒会長も務めるリーダーシップを発揮したとのことです。

野球に関しても中学校時代から才能を認められていました。

野球のほかにも競技スキーの腕前も一級品で、勉強もできて野球もできる「三刀流」とでも表現できるような人物です。

根尾昂選手の高校生時代

根尾昂選手が一躍有名になったのは高校生時代でしょう。

強豪の大阪桐蔭高校に進学し、1年生時の夏の大会からベンチ入り。

投手やショートに加え、外野も守りチームに貢献します。

2年春から3年夏までは4季連続で甲子園に出場し、チームの主力として活躍。

投手としては最速150キロ、打者としては高校通算32本塁打など投打でチームに欠かせない存在となりました。

春の選抜大会では2年連続で優勝投手になるなど、「根尾昂」の名前は全国に知れ渡ります。

勉強も手を抜くことがなく、医学部レベルの偏差値で東京大学の受験も噂されたとか・・・。

根尾昂選手の高校卒業前後

甲子園で全国に名前が知れ渡った根尾昂選手は、当然のことながらプロ野球のドラフト会議の目玉選手となります。

2018年10月25日に行われたドラフト会議では、中日ドラゴンズ、北海道日本ハムファイターズ、読売ジャイアンツ、東京ヤクルトスワローズの4球団から1指名を受けます。

そして、指名権をかけたくじ引き(抽選)で、中日ドラゴンズが交渉権を獲得しました。

その後、根尾昂選手と中日ドラゴンズの交渉はまとまり、契約金1億円、出来高5,000万円、年棒1,500万円の最高条件で仮契約しチームの一員になりました。

仮契約当日の記者会見では「ショート1本で勝負したい」と宣言し、前年(2017年)に新人王を獲得した遊撃手の京田陽太選手との競争に意気込みを見せました。

プロ入り後の根尾昂選手

2019年シーズンから根尾昂選手のプロ野球生活が始まりますが、1月に肉離れをして春のキャンプを2軍でスタートします。

これには残念に思うファンもいたのではないでしょうか。

2軍の公式戦(ウエスタンリーグ)が開幕した後もケガをして、思うように動けない時期もあったでしょう。

1年目はほとんどを2軍で過ごしますが、2019年9月29日にショートの守備に就いたことが1軍のデビューでした。

2年目となる2020年シーズンは、春のキャンプを1軍スタートで迎えます。

開幕1軍は逃すものの、8月には1番ライトでスタメン出場を果たします。

2020年シーズンは、9試合に出場し23打数2安打にとどまりました。

3年目の2021年シーズンはプロ入りして初めて開幕を1軍で迎え、開幕戦も8番レフトで先発出場を果たします。

同年5月4日にはプロ初本塁打を満塁ホームランで飾るなど、記憶に残るプレーも見せてくれました。

しかし、6月以降は打撃が思うようにいかず、後半戦に入ると2軍生活でシーズンを終えます。

2022年シーズンからは立浪和義(たつなみかずよし)さんが監督に就任し、根尾昂選手は前年までの内野手登録から外野手登録に変更されます。

しかし、チームの外野手が好調だったこと、ショートのレギュラーだった京田陽太選手の不調もあり、再びショートへのコンバートを告げられます。

同年4月にコンバートを告げられたあとは、2軍でショートでの起用もありました。

ファームでは5月8日にはショートとして出場し途中、投手としても登板。

ストレートは150キロを計測して打者を抑えます。

その後、同年の交流戦が終了した6月上旬に立浪監督との話し合いの結果、正式に投手転向となりました。

根尾昂選手のプレイヤーとしての特徴

根尾昂選手は投手、ショート、外野をこなせる器用な選手です。

特に投手として150キロ以上の球速を出せるのは魅力ではないでしょうか。

切れのあるスライダーやフォークも投げ分けます。

また、外野守備では強肩を活かした捕殺も魅力的ですね。

一方、打撃に関しては通算打率が.171と苦戦している感じがあります。

出塁率も芳しくなく、本人も野手時代は苦労したのではないでしょうか。

しかし、今後は投手専任ということですので、打撃に求められることは少ないでしょう。

2022年シーズンは25試合の登板で防御率3.41という数字でした。

シーズン途中での投手転向でしたので、まずまずの結果かと思います。

まだしびれる場面や厳しい場面での登板が少ないため、今後の取り組みを期待したいところです。

根尾昂選手の活躍に期待

チーム事情などもあり、野手から投手専任となった根尾昂選手。

期待の選手ですので、投手での活躍も期待したいところです。

今後、どのような活躍をしていくのか、ドラゴンズファンとして見守っていきたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!