雑感

Amazonプライム会員の会費を損しない使い方|特典内容から検証


スポンサーリンク

有名通販サイトのAmazon(アマゾン)。私もよく利用します。アマゾンは単純に買い物を楽しむだけには止まりません。いろんなサービスを提供しています。つい先日、ボイスブックサービスに無料も会員登録を行って、日々コツコツと聞いていますよ。

 

ところで、アマゾンの各種サービスをお得に利用できる「プライム(prime)会員」があるのも多くの方がご存知だと思います。私も一応プライム会員になっています。

ただ、年会費を払っていながらサービスをうまく利用していないことに気づきました。先出のボイスブックサービスでポイントを得ようと思った時にふと思い出したのです。

実際、どれだけのプライム会員の方が得点を使いこなしているのかはわかりませんが、私のように使いこなせていない方もいるはずですよね。そこで、アマゾンのプライム会員となった時に損をしない為に、どう使いこなせば良いのか考えてみました。

 

 

そもそもAmazonプライム会員とは

 

 

繰り返しになりますが、アマゾンのプライム会員とは月会費、または年会費を支払いお得なサービスを受けられる人々です。私は送料や配送日でメリットがあることを知り会員になった記憶があります。ところが、それだけではないんですよ!改めてプライム会員について公式サイトで調べ直すとかなりのサービスが会費の範囲内で使えます。

 

プライム会員の特典

プライム会員についてのページに飛んでみると…ページ下部には特典一覧が記載されていますね。

 

(画像をクリックするとプライム会員の公式サイトにつながります)

 

17もの特典があることを私はこの記事を書いている今、改めて知りました。ほとんど初めて知ったに近いですね。おそらく、年々内容は変わると思うのですが会費内でかなりのサービスが受けられる印象です。

 

Amazonプライム会員の会費

プライム会員になるには月額か年額で会費を支払う必要があります。月額なら400円で年額なら3900円です。私は年額で支払っていますので年に一回支払う形です。

年額で支払えば月額325円の計算ですし、年間で何万円も支払うわけではないので個人的には年額で支払う方がいいと思うますよ。支払い方法は基本的にクレジットカードでauウォレットのようなデビットカードにも一部対応しています。

学生さんなら「prime student」といって会費が安くなります。月額200円、年額は1900円とリーズナブルです。無料体験期間が半年と長めに設定されているのも特徴的です。(通常のプライム会員なら30日)

 

 

 

プライム会員の会費を無駄にしない使い方

では、今回のテーマである会費を無駄にしない使い方を考えてみたいと思います。おさらいですがプライム会員になるには…

 

月額400円の支払い(年間4800円)

月額3900円の支払い

 

以上の費用が必要です。プライム会員となると17つの特典があるわけですが、それを全てうまく使いこなせば会費を無駄にすることはありません。言うまでもありませんね。

 

特典で自分に必要なものを考える

全てを使いこなせば会費は簡単に回収できるでしょう。しかし、人によってはあまり使わない特典もあるります。私なら「Amazonファミリー」と言うサービスを今の所使うことはありません。

赤ちゃんや子供に関する商品において割引が適用にな流サービスです。子供のいない私は利用することがないのです。17個も特典はありますが自分に必要なサービスかどうかを一度考えるといいでしょうね。

 

会費を回収するなら割引のある特典を活用

先の例で私なら、Amazonファミリーの割引で年額3900円をペイするのは私にとって困難です。しかし、ペットを飼っているからprime pets(プライムペット)を利用して割引を受けて回収していこうと考えたりもできます。

その他、小さいお子さんとペットを飼っている方であればAmazonファミリーとprime pets(プライムペット)をうまく利用して会費を回収することを考えればいいのです。

 

行き着いた先は配送料関係

割引の適用で会費の回収を考えたりしましたがアマゾンを利用して商品を購入する私にとって配送料関係で回収するのがお得かなと思えてきました。配送料関係は誰もが活用できる方法ですので結構ポイントかなと思います。

プライム会員になると「お急ぎ便」と「お届け日時指定便」が無料になります。そこまで複雑な指定配達ではありませんが概要を書いておきます。

 

お急ぎ便…注文日からの日数によって配送料がかかる

お届け日時指定便…日時指定により配送を希望すると配送料がかかる

※対応商品に限り利用できる

 

そして、アマゾンの公式サイト参考にすると配送方法は以下の画像のようになります。まずはお急ぎ便です。

 

(画像引用;アマゾン

 

 

続いてお届け日時指定便の配送料です。

 

 

(画像引用;アマゾン

 

ここでもシミュレーションをしてみましょうか。年額3900円払っている私(本州、東北住み)なら「注文日から3日以内のお急ぎ便」を利用するなら500円×8回=4000円で会費を回収できます。

年間8回の利用となれば毎月のようにアマゾンで買い物してお急ぎ便を活用すれば元は取れますね。アマゾン買い物をすればするほど恩恵を受けますから、うまく活用したいところです。

配送料関係についてはアマゾンの「配送料について」でも確認できます。

 

 

プライム会員のメリットを生かそう

今回はプライム会員の会費で損をしないために特典をそう利用すれば良いか考えてみました。すでにわかっている方もいると思いますが、私のようにあまり活用できていない方もいるでしょう。

何かの気づきになっていただけたら幸いです。もう一度、プライム会員のメリットを確認してみましょう。

 

■こちらの記事も読まれています

お得情報!Amazon(アマゾン)のAudibleに無料登録でポイント最大3000円分!

【au】アップグレードプログラムの使い方とは?実際に利用し分かったメリット・デメリット

そのヘッドホンで大丈夫?いいヘッドホンを選ぶコツを伝授!

5Gって一体何?これからの通信はどうなっていくのか

パソコンはメモリが大事なのか?最近買った「MacBook Air」から思うこと

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)を使ったら本屋に行かなくなった話

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 岐阜城の歴史は?城の造りや場所・アクセスにお土産まで紹介!
  2. 公益財団法人への就職は難しい?知らないと損する求人選びのコツを紹…
  3. 高木美帆がスケートで銀メダル獲得!意外な特技は下半身強化に最適?…
  4. メンタルの弱さを克服する方法とは?私が行なっていることも公開しま…
  5. 結果を出し続けるために必要な3つのことは山本昌の書籍で学べる
  6. 2019年に欲しいものをリストアップ!現状の最安値も調べてみた
  7. 事務次官になるには?収入や待遇、出世コースなど疑問に迫る!
  8. 学習塾の仕事内容とは?収入や将来性など私が10年経験した全てを公…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサーリンク
PAGE TOP