雑感

Apple Pencil(アップルペンシル)もういらない?Abidaのペンシルを使ってみて


スポンサーリンク

つい先日、新型のiPad(アイパッド)が販売され、購入した方もいるのではないでしょうか?購入者のレビューなどをみると、前作からかなりグレードアップしたようですね。

ちなみに、私も最新作ではありませんがiPadpro10.5インチを使用しています。ご存知の方も多いと思いますが、少し前のiPadからApple pencil(アップルペンシル)が使え、手書きでの入力や描写が可能になっています。

以前は私もアップルペンシルを使っていた経験もあるのですが一度、本体ともども売却したため今回買いなおそうと色々調べました。

正直、純正のアップルペンシルは高価で充電がしにくかったりしたので代替品を色々と検討していました。そこで出会ったのは「Abida」というメーカーから販売されているペンシルでになります。

今回はAbidaのペンシルについて私なりの見解も含めて紹介したいと思います。


 

Abidaのペンシル

早速ですが、今回私が購入したペンシルはこちらです。

 

(楽天市場とYahoo!ショッピングのボタンをクリックしても商品ページにはいきませんのでご注意ください。取り扱いがないようですね)

 

まずは何といっても3000円台という価格の安さが個人的には気に入っています。

 

最新版(第二世代)のアップルペンシルは…

 

 

えっと…3万円!?

というのは例外なようで、アップルの公式サイトでは税別で14,500円です。ちなみに、私も以前使っていた初代のアップルペンシルは税別10,800円ですね。繰り返しですが、周辺機器に1万円台の出費は結構大きいので、私は代替品を検討したわけですよ。

 

 

 

Apple pencilとAbidaのペンシルの比較

ここからはアップルペンシルとAbidaのペンシルの機能的なところを比較していきたいと思います。

 

サイズはAbidaのペンシルが少し小さい

公式サイト等を確認するとアップルペンシルの第1世代、第2世代、Abidaのペンシルのサイズ感は以下になります。

 

■アップルペンシル(第2世代)

長さ…166mm、直径8.9mm、重量20.7g

 

■アップルペンシル(第1世代)

長さ…175.7mm、直径…8.9mm、重量20.7g

 

■Abidaのペンシル

長さ…約15.4mm、直径…約10mm、重量…約17g

 

長さはアップルペンシルのほうが長いですが握るとAbidaのペンシルのほうが少し太いと認識してもらうといいですね。アップルペンシルは普通の鉛筆を握ったくらいの太さ、Abidaのペンシルはそれよりも少し太いイメージです。重さはAbidaのペンシルが少しだけ軽いんですね。

 

その他の特徴をみてみると、アップルペンシル第2世代はiPad proの11インチ、12.9インチの最新モデルのために作られた仕様でペン自体がアイパッド本体に磁石でくっつくようになっています。

第一世代は磁石でくっついたりすることはなかったので持ち運びには便利になったわけですね。Abidaのペンシルは磁気によってくっついたりはしませんので持ち運びには注意しなければなりません。

ただ、長さは一般的なシャープペンシルや蛍光ペンなどよりも少し長いだけですから筆箱やペンケースに入れ手持ち運ぶのもいいでしょう。

もしくはペンホルダー付きのiPadケースを購入してみるといいですね。太さが約1cmですから収納できるかどうかはしっかり確認しましょう。

私はロジクールのiPadケース(10.5インチ用)を購入しましたがペンの収納部分は伸縮するゴムのような素材でしたのでぴったりフィットしています。

 

 

 

少し話はずれますが私が使っているのはロジクール社のキーボード付きケースです。キーボード部分は磁石でくっついていて簡単に取り外し可能です。

興味のある方は下記から商品の内容等を確認してみましょう。

 

 

 

充電が楽

アップルペンシルの初代を使っていたころに思っていたのは「充電がしにくい」ということでした。ペンの頭の部分にキャップがついてあって外すとライトニング端子のオスが表れて、アイフォーンやアイパッドに接続しての充電でした。

ケーブルやアダプタをうまく使うことでアイパッドなどを使わなくても充電することはできますが手間に思えてしまいます。さらに、充電中はアイパッドなどの本体が使いにくくなるので不便に感じていました。一方の第2世代は磁気で本体にくっつけると充電ができるようですから便利になっています。

では、AbidaのペンシルはどうかというとmicroUSB端子の接続で充電を行います。microUSB端子はandroid(あんどろいど)のスマートフォンの充電端子と同じです。(タイプCの端子が増えていますが…)

スマホを充電するように簡単な充電ができるのは嬉しいポイントですよ。フル充電で12時間の連続使用が可能なのでかなり長持ちするイメージです。

 

対応機種

最後に、アップルペンシルとAbidaのペンシルがどの機種に対応しているかを紹介します。

 

■アップルペンシル(第2世代)

12.9インチ iPad pro (第3世代)

11インチ iPadpro

 

■アップルペンシル(第1世代)

12.9インチ iPad pro (第2世代)

12.9インチ iPad pro (第1世代)

10.5インチ iPad pro

9.7インチ iPad pro

iPad (第6世代)

 

■Abidaのペンシル

iPadシリーズ全般(iPad 2018シリーズは液晶素材が異なるのでガラスフィルム必須)

iPadやiPhone以外の機器への使用は動作対象外

 

ざっくりとまとめると以上になります。アップルペンシルは対応している機種の確認は必要ですがAbidaのペンシルであれば気にする必要はありません。

 

 

使用した感想

Abidaのペンシルを使用してしばらくしましたので、実際、使用してみた感想を動画にまとめてみました。

 

使用感はアップルペンシルにも引けを取りませんし申し分なく使えます。価格を考えると個人的には買いの商品です。iPadのペンシルをお探しの方はぜひとも検討していただきたい商品ですよ。

■こちらの記事も読まれています

iPhoneおすすめアプリ10選!スキマ時間や暇つぶしに最適!

Amazonプライム会員の会費を損しない使い方|特典内容から検証

お得情報!Amazon(アマゾン)のAudibleに無料登録でポイント最大3000円分!

ビデオカメラおすすめ3選!安くて使いやすい機種でバッチリ撮影!

iPhone(アイフォーン)のモバイルバッテリーおすすめ5選!上手な選び方も紹介!

 

■Abidaのペンシルはこちらから購入できます

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 筒香嘉智VS山田哲人!!打撃タイトルをハイレベルで争う今季の二人…
  2. レジェンズシートの解説者とチケット情報2019年版!レジェンドO…
  3. 保釈保証金をわかりやすく解説|過去に没収された事例もあった
  4. メンタルの弱さを克服する方法とは?私が行なっていることも公開しま…
  5. 交流戦は2勝1敗ペースで勝つと日本一への確率が高まる
  6. 英語(英会話)学習はスタディサプリが有効?変化をむかえる英語学習…
  7. 岐阜城の歴史は?城の造りや場所・アクセスにお土産まで紹介!
  8. いい意味で期待を裏切る侍JAPAN!!WBC開幕からいまだ負けな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

スポンサーリンク
PAGE TOP